この時期に、大量の支援物資をとどけたトルコ

この時期に、大量の支援物資をとどけたトルコ
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5403754.html

『戦後1年を迎え、ロシアが短期間でウクライナに侵攻するという考えは打ち砕かれた。

そんな昨今、この考えを打ち砕くような動きがまた出てきた! トルコがまたもや戦局を変えるような動きを見せた。

プーチンが侵攻を開始した日の時点で、欧米諸国はウクライナに対して非常に深刻な支援を行っている。トルコのウクライナへの大支援もその一つです!

軍事、政治、経済、人道支援を受けてきたウクライナは、ロシアに対して大きな優位性を確立している。なぜなら、ロシアは欧米諸国から多くの制裁を受けているからで、ウクライナに侵攻した最初の1カ月だけで、ロシアは6000件を超える制裁を受けた。ロシアは世界の歴史上、最も制裁を受けた国となっている。

FireShot Webpage Screenshot #494 – ‘Great Help tFireShot Webpage Screenshot #495 – ‘Great Help

ここ数日、ウクライナへの支援の一環として、ルーマニアとウクライナの国境で動きがあった。トルコの人道支援物資を満載した大量の車列が国境線上で目撃されたのだ! この重要な進展は、トルコがウクライナに提供する新たな軍事援助に関連している。

この援助の詳細に入る前に、トルコのウクライナへの援助と、ロシア・ウクライナ戦争におけるトルコの位置づけについて話しておくことが必要だろう。

FireShot Webpage Screenshot #501 –

これまでウクライナに提供された最も重要な援助の1つは、トルコ製の無人攻撃機・BAYRAKTAR TB2である。戦争の最初の数カ月間、ウクライナはBAYRAKTAR TB2ドローンで多くの成功を収めた。この無人機のインパクトは大きく、ウクライナ人はBAYRAKTAR TB2についての賛歌まで作りました。

また、世界の多くの国もBAYRAKTAR TB2について声明を出している。

ポルトガルの政治学者でハドソン研究所研究員のブルーノ・マサエスは、BAYRAKTAR TB2の発明者であるセルチュク・ベイラクターFireShot Webpage Screenshot #503 – ‘Selçuk BaルSelçuk Bayraktar:右 を「中東の運命を変えた男」と呼んでいます。

BT2は、イギリスの報道機関でも取り上げられた。イギリスのあるメディアは、TB2sについて次のように語っている。

“これほど世界的なブランドとなるテクノロジー企業がトルコから生まれるとは、誰も思わなかった” BAKRAKTAR TB2は、「ロシアとウクライナの戦争の流れを変えた要素」と言われている。トルコはこれまで40台のBAYRAKTAR TB2をウクライナ軍に納入したとされる。映像記事、映像記事 、、、

プーチンロシアとは微妙な距離を保ちながら、ロシアとの経済関係を維持するトルコは、一方でウクライナ支持を表明し、初期の無人機導入には寄付金を集め無償供与し、これまでも、赤十字を通して人道支援物資を届けている。

苦悩するプーチンをしり目に、トルコは大量の支援物資を陸路でウクライナへ届けたと言うニュースで、イスラム諸国に対し、絶対的な立場に居るトルコを、横暴なロシアもトルコを操ることはできないようだ。』