日米首脳、台湾念頭「対処力を強化」 共同声明を発表

日米首脳、台湾念頭「対処力を強化」 共同声明を発表
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA12DJM0S3A110C2000000/

『【この記事のポイント】
・岸田首相がホワイトハウスでバイデン米大統領と会談
・バイデン氏、「日本の防衛に全面的に関与」
・台湾有事念頭に自衛隊と米軍の抑止力・対処力を向上

【ワシントン=秋山裕之】岸田文雄首相は13日(日本時間14日未明)、ホワイトハウスでバイデン米大統領と会談した。国家安全保障戦略など安保3文書を決定したと説明した。バイデン氏は日本の防衛力強化を称賛した。台湾有事を念頭に自衛隊と米軍の…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOUA12DJM0S3A110C2000000&n_cid=DSPRM1AR07 

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

渡部恒雄のアバター
渡部恒雄
笹川平和財団 上席研究員
分析・考察

日本は安保三文書により、台湾有事などの際に日本が米国とともに対処できるような態勢を準備しています。これを受け、米国が日本との共同対処のための態勢を整備し抑止力を強化し、台湾海峡をはじめとしてインド太平洋地域での平和と安定を維持することを日本と合意したことが今回の首脳会談の目玉です。記事にまとめられている「台湾有事念頭に自衛隊と米軍の抑止力・対処力を向上」を、自衛隊と米軍の最高指揮官である岸田首相とバイデン大統領が合意したことが、シビリアンコントロールを担保する民主主義国家同士の合意として意義があります。本日14日、朝9時30分からBSテレ東「日経プラス9サタデー」に出演して解説します。https://www.bs-tvtokyo.co.jp/plus9_sat/ 』