ダボス会議、中国・劉鶴副首相が出席へ

ダボス会議、中国・劉鶴副首相が出席へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM139BR0T10C23A1000000/

『【北京=羽田野主】中国外務省は13日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に劉鶴(リュウ・ハァ)副首相が出席すると発表した。15日から19日までの日程で、会場となるスイスを訪問する。

劉氏は習氏の側近で金融や通商問題などを担当している。2021年には習近平(シー・ジンピン)国家主席がWEFのオンライン形式の準備会合「ダボス・アジェンダ」で…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM139BR0T10C23A1000000&n_cid=DSPRM1AR07 』

『ダボス会議は各国の首脳や国際機関トップ、企業幹部など2700人以上が参加する。ロシアによるウクライナ侵攻に象徴される世界の分断と今後の協調の可能性や、インフレ、食糧危機,、気候変動といった問題について議論する。

ドイツのショルツ首相や欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長、米ケリー大統領特使(気候変動問題担当)などが出席する予定。』