米軍の輸送機関が対宇支援物資をどのくらい運んだかの一端が明かされている。

米軍の輸送機関が対宇支援物資をどのくらい運んだかの一端が明かされている。
https://st2019.site/?p=20766

『Defense Express の2023-1-6記事「For a While U.S. Has Been Delivering Weapons to Ukraine By Sea and Railway, and the Scale is Impressive」。

 米軍の輸送機関が対宇支援物資をどのくらい運んだかの一端が明かされている。

 船で積み出した車両などは、ギリシャのアレクサンドロウポリ港か、ルーマニアのコンスタンツァ港に揚陸して、そこから陸送に接続させているようだ。

 空輸は、開戦前はキーウに近いボリスピル空港を使い、開戦後は、ポーランドのRzwszow空港を使っている。平均して毎日3機、武器弾薬満載の輸送機が着陸している。
 「ラストマイル」の運搬にはトラックが用いられている。

 IDCC=国際寄贈者調整センター という臨時機関が立ち上がっており、そこが受け付けた武器弾薬がそこからどこへ行くかは一切秘密にされている。

 ※仕事早すぎ! もうブラドリーの援助第一陣が、民間のトレーラーに乗せられてウクライナ国内を走っているのが撮影された。』