台湾、中国の手先と化した現役軍人、退役軍人、元海軍少将、元国会議員を拘束

台湾、中国の手先と化した現役軍人、退役軍人、元海軍少将、元国会議員を拘束
https://grandfleet.info/indo-pacific-related/taiwan-detains-active-duty-military-veteran-ex-navy-rear-admiral-ex-parliamentarians-turned-into-chinese-agents/

『軍の現役もしくは退役将校を接待や金でスパイに仕立てる中国側の手口に悩む台湾では、元空軍大佐を含む軍人7人による機密情報の流出、元国会議員と元海軍少将による親中国思考の退役将官のスカウトが発覚して問題になっている。

参考:國軍爆發共諜疑案 7軍官涉案4人收押3交保
参考:前立委羅志明、前海軍少將夏復翔涉共諜案 雄檢聲押
もはや中国側のスパイ網は台湾の社会や軍に相当食い込んでいると見ていいだろう

英文台灣日報は2021年「如何に中国がスパイ網を台湾社会の奥深くまで張り巡らせようとしているか」を赤裸々に報じて注目を集めていたが、台湾では4日に元空軍大佐を含む軍人7人が、5日には元国会議員と元海軍少将が「中国に情報を売り渡すための組織を構築していた」と報じられており、この2つの組織は相当量の情報を中国側に流していたらしい。

出典:總統府 / CC BY 2.0

4日に報じられたスパイ疑惑の首謀者は2013年に空軍を退役した劉元大佐で、台湾と大陸を行き来するビジネスの中で中国の諜報機関に取り込まれ、6人の現役将校を組織に引き込んで軍用機の配備状況や機密資料を金銭と引き換えに受け取り「これを中国側に売り渡していた」と言う内容で、ペーパーカンパニーを通じて中国側から劉元大佐に流れた金の合計は百万元(数千万円~1億円)にもなると報じられている。

さらに5日に報じられたスパイ疑惑の首謀者は2012年に政界を引退した羅志明氏(元立法院の議員)で、劉元大佐と同じように台湾と大陸を行き来する間に共産党関係者から「親中国思考の退役将官を紹介してほしい」と依頼され、元海軍少将の夏復翔氏(海軍陸戦隊司令官)を大陸に連れていき「共産党の発展に協力する」という合意を取り付け、黄復興党本部(退役軍人やその家族で組織された国民党傘下の組織)に顔が利く夏氏の人脈を活かして退役将官を次々と中国旅行に招待。

この旅行で接待を受けた退役将官達は「蔡政権が不正と腐敗にまみれている」と批判を行い民心と政局を混乱させた疑惑が、羅氏と夏氏にはスパイ組織を構築した疑惑が掛けられているが、この件の関係者全員は「無実=旅行の背後に中国が絡んでいたとは知らなかった」と主張しているらしい。

出典:總統府 / CC BY 2.0 国防部副部長だった張哲平

台湾軍の現役もしくは退役将校を接待や金で中国側のスパイに仕立てる手口は英文台灣日報が報じていた通りで、2年前には台湾防衛計画を熟知していた国防部副部長の張哲平(空軍上級大将)氏も中国側の接待を受けていたことが発覚(機密保持の規定を厳格に守り渡航費用を支払っていたため密漏洩自体の嫌疑は晴れてたものの国防大学校長に左遷)しており、もはや中国側のスパイ網は台湾の社会や軍に相当食い込んでいると見ていいだろう。

関連記事:摘発が続く機密漏洩事件、台湾軍の現役・退役将兵に浸透する中国のスパイ網
おまけ

台湾の件とは完全に無関係の話なのだが、ウクライナでは大規模な不正が発覚して国内で大問題になっている。

参考:Таможенников уличили в хищении 5 миллиардов в ходе экспорта зерна
参考:Масштабная схема поборов на Одесской таможне: деньги прятали под плинтусами и туалете

ロシアと戦争中のウクライナで「穀物輸出に関与する税関関係者など10人以上の政府高官が大規模な不正に関与した」と報じられており、このスキームに参加した370以上の企業は2022年8月~9月に100万トン以上の小麦をオデーサ港から輸出、税関当局は販売された小麦にかかる税収を意図的に徴収しなかったため52億フリヴニャ(約187億円)もの税収が未納で、さらにオデーサ州の税関当局は最も必要とされる発電機の輸入手続きでも荒稼ぎしていたことが発覚。

ロシア軍のインフラ攻撃で電力供給が不安定なウクライナ人にとって発電機の需要は非常に高く、政府は企業が個人が海外から輸入する発電機について優遇措置(関税免除や減額・通関手続きの簡略化など)を発表しているのだが、オデーサ州の税関当局は政府の指示を無視して「迅速な通関手続きに不正な代金=賄賂」を徴収して税関管理等の至るところに隠していたらしい。

これを摘発したウクライナ保安庁(SBU)は「オデーサ州の税関当局から15億フリヴニャ以上=54億円以上の隠し財産が発見された」と発表しており、西側諸国が人道支援としてウクライナに送ったトラックや救急車輌も追跡調査を行うと「寄贈された州当局の職員が当該車輌で勝手に有料サービスを運営してた」とか「第三者に転売していた」というケースがちらほら報道されるので、支援物資で人稼ぎしようと企む人間にとって現在の状況は「稼ぎ時」なのだろう。

 ※アイキャッチ画像の出典:總統府 / CC BY 2.0
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 インド太平洋関連 コメント: 14 』