ウクライナ諜報機関、3月頃に反撃が始まりロシアの敗北を決定づける

ウクライナ諜報機関、3月頃に反撃が始まりロシアの敗北を決定づける
https://grandfleet.info/european-region/ukrainian-intelligence-counterattacks-start-around-march-decisive-russian-defeat/

『米ABC NEWSに取材に応じたウクライナ国防省情報総局のキリロ・ブダノフ准将は「米国製のブラッドレー歩兵戦闘車が提供されることに期待しており、3月頃に大規模な反撃が始まりロシアの最終的な敗北を決定づけるだろう」と述べている。

参考:Expect more strikes ‘deeper and deeper’ into Russia, Ukraine’s spy chief says

参考:Danish military intelligence suggests drug-induced megalomania may have influenced Putin to invade Ukraine

ウクライナの勝利は全世界に利益をもたらし、そうなれば世界にとってロシアの軍事力は脅威ではなくなりプーチンの恫喝はほら話になる

ブダノフ准将が米ABC NEWSとのインタビューで言及した内容は「ロシア領内での攻撃」「バフムートの現状」「春に計画されている攻勢」「ウクライナ支援への感謝」「ロシアの将来」「プーチンの死」に分かれており、ロシア領内での攻撃については「エンゲルス空軍基地での爆発は非常に喜ばしいが、今後もっと奥深くのロシア領内で同じことが起こる」と予言し、この攻撃がウクライナ軍によるものかどうかについては「戦争終結後にしか明かせない」と口をつぐんだ。

出典:GoogleMap

現地に赴き視察してきたバフムートについては「何百もの死体が野原で朽ち果てており、場所によってはロシア軍兵士の遺体が積み重なってバリケードのようになっている。ロシア軍は戦死した兵士の遺体を盾にして戦っているが、とても上手く機能しているとは言えない」と指摘。

バイデン政権がブラッドレー歩兵戦闘車の提供を検討していることについてブダノフ准将は「我々はブラッドレーの到着を待ち望んでいて非常に期待している。これは我々の戦闘能力を大幅に強化してくれるだろう。3月頃に大規模な反撃が始まりロシアの最終的な敗北を決定づけるはずだ。この反撃はクリミアからドンバスまでウクライナ全土で行われる」と明かしたが、これは飽くまで准将個人の予測なので本当に企画されている計画とは異なる可能性がある。

出典:U.S. Army photo by Spc. Randis Monroe/Released

さらにブダノフ准将は米国の納税者に「我々が受け取った支援が何に使用され何処に行ったのか1セント単位で明らかにする」と約束して「継続したウクライナ支援への理解」を訴えており、ロシアの将来についても「幾つのかシナリオがあるもののウクライナの勝利は全世界に利益をもたらし、そうなれば世界にとってロシアの軍事力は脅威ではなくなり、プーチンの恫喝はほら話になるだろう。唯一残される問題はロシアがもつ核兵器の存在で全世界がロシアの非核化を進めるか国際的な監視下に置く必要がある」と述べたが、非核化の具体的な方法については言及していない。

個人的に興味深いは「プーチンの死」に関する言及で、ブダノフ准将は「長期間に渡りプーチンは癌に侵されていて余命は長くない。プーチンはウクライナがロシアに勝利した後に死亡して政権交代が実現するはずだ。これは全世界に利益をもたらす内容なので恐れる必要はない」と述べているが、デンマークの諜報機関はプーチンの健康状態について「癌ではなく幾つかの転倒事故による後遺症に苦しんでいて、ホルモン治療の副作用が誇大妄想の症状を引き起こし侵攻決定の判断に大きな影響を及ぼした」と主張。

出典:President of Russia

クレムリンの中には「ロシアが間違った道に進んでいる」と認識しているエリートが存在して「プーチンよりも優れた指導者が必要だという結論に至るかもしれない」と予想、この病気でプーチンが死ぬことはないと主張している。

プーチン大統領の健康状態に関する言及は諸説あるため何が本当なのかは謎だが、ウクライナ軍が春の攻勢で軍事的な勝利を収めればプーチン大統領の政治的生命に影響を与えるのは確実で、その辺りで戦争終結への道筋が見えてくれば2023年中に凄惨な戦いは終わりを迎えるかもしれない。

出典:Kevin.B/CC BY-SA 4.0 AMX-10RC

追記:フランスのマクロン大統領はAMX-10RCをウクライナに提供すると発表(数量や提供次期は不明)、NATO規格の105mm砲を装備する装甲車輌の提供はこれが初めてのケースとなる。

関連記事:ウクライナ侵攻314日目の戦況、ロシア軍がバフムート攻勢に全力を傾ける

 ※アイキャッチ画像の出典:US Army photo by Capt. Cody Gallo

シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 欧州関連 コメント: 18 』