米下院の対中タカ派議員、中毒性高いTikTokは「デジタル薬物」

米下院の対中タカ派議員、中毒性高いTikTokは「デジタル薬物」
https://www.epochtimes.jp/2023/01/131238.html

『米国では、中国動画投稿アプリTikTok(ティックトック)に対する批判が議員や州政府から高まっている。マイク・ギャラガー下院議員は1日放送の米NBCの番組で、TikTokは中国政府が提供する依存度の高い「デジタル薬物(フェンタニル)」だと表現した。

ギャラガー氏はTikTokについて「非常に中毒性が高く、破壊的だ。継続的な利用は特に若い男女に悪影響を及ぼすとの懸念すべきデータがある」と述べた。』

(※ 無料は、ここまで。)