「恥の壁」撤去命令 富裕層と貧困層の地区分断―ペルー

「恥の壁」撤去命令 富裕層と貧困層の地区分断―ペルー
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022123100068&g=int

『【リマAFP時事】南米ペルーの憲法裁判所は、首都リマの富裕層と貧困層の居住地区を隔てる通称「恥の壁」の撤去を命じた。グティエレス判事は29日(※ 2022年12月29日)、同国のRPPラジオに「差別的な壁だ。(撤去命令は)判事全員が一致して決定した」と説明した。

〔写真特集〕米国とメキシコの国境

 壁は長さ10キロ。最も高い部分で2メートルを超え、上部に鉄条網が取り付けられている場所もある。最初に建てられたのは1980年代で、極左ゲリラ「センデロ・ルミノソ(輝く道)」の富裕層地侵入を防ぐのが目的だった。』