緊張が高まるバルカン半島、発砲事件を受けてセルビア側が戦闘準備

緊張が高まるバルカン半島、発砲事件を受けてセルビア側が戦闘準備
https://grandfleet.info/european-region/balkan-tensions-rise-serbia-prepares-for-war-after-shootings/

『コソボ当局とセルビア人住民の間で発砲があり、セルビア共和国のブチッチ大統領は「コソボに住むセルビア人を守るためあらゆる手段を講じよ」と指示、これを受けてセルビアの治安部門や軍は最高レベルの警戒体制に入った。

参考:North Kosovo: Shots fired near NATO patrol amid tensions
参考:Serbia places troops on ‘highest’ alert amid Kosovo tensions
参考:Serbian troops along Kosovo border placed on combat alert
参考:Serbian army shifts to ‘combat readiness’ amid growing Kosovo tensions

NATOが事態をエスカレーションさせないよう呼びかけたが、これを無視したセルビア側の行動によって緊張感が高まっている

セルビア共和国から分離・独立したコソボ共和国にはセルビア人が多数派を占める地域が幾つかあり、ここに住む人々はコソボ側の統治を受け入れておらず道路をトラックやバリケードで封鎖することがよくあるのだが、25日に「コソボ当局がズビン・ポトク村のバリゲードを撤去しようしてセルビア人住民と戦闘(銃撃戦)に発展した」と報じられ、コソボ当局はこれを否定したもののNATOのコソボ治安維持部隊(KFOR)は「ズビン・ポトク村で発砲があった」と発表。

出典:GoogleMap/管理人が加工(クリック拡大可能)

これを受けてセルビア共和国のブチッチ大統領は「コソボに住むセルビア人を守るためあらゆる手段を講じよ」と政府に指示、ガシッチ内相は警察や治安部隊に完全な戦闘準備を行うよう命令して「所定の作戦計画に基づき同部隊は陸軍参謀総長の指揮下に入る」と発表、国境沿いで最高レベルの警戒体制に入ったためコソボ軍も同じように警戒体制に入ったらしい。

陸軍参謀総長もブチッチ大統領と会談後「コソボから約10km離れたラスカ(軍の駐屯地がある)に向かった」と報じられているため、国境沿いにはセルビア軍も動員されている可能性が高く、海外メディアは「NATOが事態をエスカレーションさせないよう呼びかけたが、これを無視したセルビア側の行動によって緊張感が高まっている」と報じている。

関連記事:中国製防空システムの欧州進出が成功、セルビアがFK-3を調達

 ※アイキャッチ画像の出典:MO и ВС 27日にラスカ駐屯地を訪れたミロシュ・ブチェビッチ国防相
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 欧州関連 コメント: 16 』