ロシア軍は、特攻ドローン攻撃をしかける際には、1目標に対して12機をスウォーム殺到させる…。

ロシア軍は、特攻ドローン攻撃をしかける際には、1目標に対して12機をスウォーム殺到させる…。
https://st2019.site/?p=20737

『Tanmay Kadam 記者による2022-12-27記事「Shooting Down A $14,000 Geran-2 UAV With A Million Dollar Missile Cannot Win That War For Ukraine – Experts」。

 ロシア軍は、特攻ドローン攻撃をしかける際には、1目標に対して12機をスウォーム殺到させるようにするのが良いと考えている。ただ、じっさいには「シャヘド136」の輸入量が追いつかず、5~6機のスウォームになってしまっているが……。

 また露軍は、特攻ドローンを低空と高空の2機ペアで飛ばす戦法も使う。もし低空を先行するドローンがAAで撃墜されてしまったら、高空を続行するドローンが目標を引き継いで狙う。もし先行機が目標突入に成功したら、それを見届けた後続機は別目標へ向かうわけだ。

 これまでのところ、ウクライナ軍は、襲来した特攻ドローンの6割を墜としている。調子の良い日には8割を阻止できている。

 だが問題は、それは金銭的・物質的に持続可能なのか? ――ということ。

 「シャヘド136」の単価は2万ドルだ(1万4000ドルだとしている論者もあり)。ドイツが援助したSAMシステムの「IRIS-T」はミサイル1発が43万ドルするであろう』