米国の北朝鮮人権特使、空席長期化 共和が早期指名要求

米国の北朝鮮人権特使、空席長期化 共和が早期指名要求
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN182H30Y2A211C2000000/

『米国の北朝鮮人権問題担当特使の空席が長引いている。バイデン政権内で北朝鮮政策の優先度が低いうえ、進展が見込みにくい人権問題を引き受ける人が少ない。2023年1月に下院の多数派を握る野党・共和党は早期指名を要求し、バイデン政権は人選を急ぐ。

「いまのところ口だけで行動が伴わない」。米議会韓国研究グループ共同議長を務める共和党のヤング・キム下院議員は12月上旬、日本経済新聞の電話取材でバイデン政権の…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。』

https://www.nikkei.com/promotion/?n_cid=DSPRM1RT02_red