ロシア軍弾薬不足続く インフラ攻撃限定と英分析

ロシア軍弾薬不足続く インフラ攻撃限定と英分析
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB260YH0W2A221C2000000/

『【キーウ=共同】英国防省は25日までの戦況分析で、9月に部分動員を発令したロシアは10月以降に数万人の予備役をウクライナに投入し、兵員不足は改善されつつあるが、弾薬不足が依然として要因となりロシア軍の攻撃は限定的になっている可能性があるとの見方を示した。

ロシア軍は巡航ミサイルが不足し、ウクライナへのインフラ攻撃を週1回前後に限定しているとみられると分析。前線での防衛作戦を維持するだけでも、かなりの量の砲弾やロケット弾を消費していることが「ロシア軍の弱点」だと指摘した。

ウクライナ軍参謀本部は25日、南部ヘルソン州のドニエプル川東岸地域で、ロシア軍の将校らの会議が開かれていた拠点を攻撃し、約70人が負傷したと主張した。

またヘルソン州のヤヌシェビッチ知事は25日、10人以上が死亡した州都ヘルソンへのロシア軍による24日の砲撃で、2つの医療施設も攻撃を受けていたと通信アプリに投稿。「市民を支援する施設を標的としたテロ攻撃だ」と非難した。

【関連記事】

・プーチン氏「ロシア正しい方向」 教皇「無意味な戦争」
・ウクライナ、戦争終結の祈り静かに 首都近郊ブチャ
・ロシア軍、ウクライナ東部の激戦地で90人死亡

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB260YH0W2A221C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』