ロシア軍、ウクライナ東部の激戦地で90人死亡

ロシア軍、ウクライナ東部の激戦地で90人死亡
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB250AK0V21C22A2000000/

『【キーウ(キエフ)=共同】ウクライナメディア「ウクラインスカ・プラウダ」によると、ウクライナ軍の報道官は24日、ロシア軍が制圧を目指す東部ドネツク州バフムトでロシア軍兵士90人以上が死亡し、約100人が負傷したと明らかにした。ロシア側はバフムトに戦力を重点配備して激戦が続いており、報道官はロシア側を非難した。

報道官は、ロシア軍側から同日「大砲や戦車、多連装ロケット砲による225回の攻撃があった」と述べた。ロシア軍はあらゆる手段でバフムト戦線での進軍を試みているが「損失が続いており、ウクライナ軍の防衛を突破することはできない」と強調した。

ゼレンスキー大統領は20日、バフムトを電撃訪問しウクライナ軍兵士らを激励している。
一方、南部ヘルソン州の州都ヘルソンで多数が死傷したロシア軍による24日の砲撃を受け、クレバ外相はツイッターで「クリスマスイブを祝う夕食を準備する間、悪と戦っているウクライナのことを考えてほしい。勝利のため、皆さんの長期的な支援が必要だ」と欧米などに呼びかけた。

ロイター通信などによると、ヘルソン州のヤヌシェビッチ知事は砲撃で10人が死亡し、50人以上が負傷したと明らかにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB250AK0V21C22A2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』