ラオス「一帯一路」鉄道1年、連結目指す小国の賭け

ラオス「一帯一路」鉄道1年、連結目指す小国の賭け
編集委員 高橋徹
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD23CR00T21C22A2000000/

『「両国の国民に恩恵をもたらすだけでなく、人気の国際公共財、そして国際協力のプラットフォームとなった」

中国・雲南省から南下し、ラオスを縦断する全長1035キロメートルの国際長距離鉄道が、開業から1周年を迎えた12月3日。中国国営の新華社は「乗客850万人、貨物1120万トン」という輸送実績を紹介したうえで、その国際的な意義をことさら強調した。

習近平(シー・ジンピン)国家主席肝煎りの広域経済圏構…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。』

https://www.nikkei.com/promotion/?n_cid=DSPRM1RT02_red