プーチン大統領「協力が重要」 旧ソ連諸国首脳に訴え

プーチン大統領「協力が重要」 旧ソ連諸国首脳に訴え
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR26BR00W2A221C2000000/

『ロシアのプーチン大統領は26日、旧ソ連諸国で構成する地域協力機構「独立国家共同体(CIS)」の非公式首脳会議をサンクトペテルブルクで開催した。旧ソ連諸国にロシアと距離を置く動きが広がる中、プーチン氏は会議の冒頭で各国の協力を訴えた。

非公式首脳会議にはベラルーシのルカシェンコ大統領やカザフスタンのトカエフ大統領ら10月の首脳会議と同様のメンバーが出席した。公開された冒頭発言でプーチン氏は地域安定や安全保障について「残念ながら、加盟国の間で意見の相違があることは認めざるを得ない」と懸念を示し「重要なのは我々が備え、協力していくことだ」と訴えた。

今年秋にはキルギスとタジキスタンの国境衝突が発生したほか、アルメニアとアゼルバイジャンの紛争地でも戦闘が発生し死傷者が発生した。キルギス政府はロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」に介入を求めたが、CSTO側は交渉で解決するとの対応にとどまり不信感を招いた。長期化するロシアのウクライナ侵攻を巡っても、同盟国であるベラルーシを除きロシアと距離を置く動きが目立っている。

ロシアのペスコフ大統領報道官は26日、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャン首脳の3者会談などについて「予定されていない」と記者団に述べた。加盟国間の不和が目立つ中、緊張緩和をはかれるかが課題になっている。

CIS創設はロシアとウクライナ、ベラルーシの3カ国首脳が1991年に宣言した。旧ソ連15カ国のうちバルト諸国を除く12カ国が加盟していたが、ロシアとの紛争が起きたジョージアが2009年に脱退。14年のロシアによる一方的なクリミア併合を機にウクライナも事実上、脱退した。

【関連記事】

・プーチン氏・習近平氏が年内に首脳協議へ
・プーチン氏「ロシア正しい方向」 教皇「無意味な戦争」

ニューズレター

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?n_cid=DSPRM1RT02_white 』