ウクライナ、ロシアの国連追放要求 常任理事国剥奪も

ウクライナ、ロシアの国連追放要求 常任理事国剥奪も
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR26C8B0W2A221C2000000/

『【ロンドン=佐竹実】ウクライナ外務省は26日、ロシアを国連から追放し、安全保障理事会の常任理事国の地位を剝奪するよう加盟国に求める声明を発表した。ウクライナ侵攻において大量虐殺を犯しているほか、核兵器の使用をちらつかせることで国際社会を脅していると指摘した。国連追放などの目的のために他の国と協力する用意があるとしている。

声明は2014年にロシアがクリミア半島を一方的に併合したことを念頭に「ウクライナは現在、ロシアによる全面的な侵攻に苦しんでおり、これより前の8年間も武力侵攻に直面していた」と指摘した。「ウクライナ侵攻は国連憲章の目標と原則に反し、平和愛好の原則への復帰を求める国際社会の試みを無視している」とも付け加えた。

ウクライナは侵攻直後の2月下旬、国際司法裁判所(本部オランダ・ハーグ、ICJ)にジェノサイド(集団殺害)の疑いでロシアを訴えていた。ICJは3月、ロシアに軍事作戦を直ちに中止するよう命令を出したが、ロシアはこれに応じていない。

ウクライナ外務省は声明で、1991年のソ連崩壊後、ロシアが安保理の常任理事国を継承する際に正式な手続きを踏んでいなかったとも主張した。その上で、「ロシアは国連安保理で31回拒否権を行使しており、これは他の常任理事国のほぼ2倍だ」とした。

ウクライナ侵攻だけでなく、チェチェン共和国への侵攻や占領においても大量虐殺の罪を犯したほか、アフリカでは何十年ものあいだ紛争をあおっているとロシアを指弾した。日本の北方領土の「不法占拠政策の継続」についても明記した。

【関連記事】

・ロシア基地に無人機攻撃 戦略爆撃機の出発拠点
・[FT]ウクライナ大統領夫人「普通に戻りたい」 記者と昼食
・プーチン大統領「協力が重要」 旧ソ連諸国首脳に訴え

ニューズレター https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop 

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?n_cid=DSPRM1RT02_white 』