防禦ばかりしていたらいつまでも敵国の侵略行動を終らせることはできない。

防禦ばかりしていたらいつまでも敵国の侵略行動を終らせることはできない。
https://st2019.site/?p=20733

『Zoe Strozewski 記者による2022-12-22記事「Putin Has an Ominous Spring Strategy for Ukraine War: Four-Star General」。

 防禦ばかりしていたらいつまでも敵国の侵略行動を終らせることはできない。もっと射程が長い対地攻撃兵器をウクライナ軍に供給して、反転攻勢をかけさせるようにしなければ、このまま無限戦争になってしまう。
 このように退役陸軍大将のバリー・マカフレイは『ニューズウィーク』に語った。

 いわんやプーチンが企図している春の攻勢は、無傷のベラルーシ軍を北から投入するものだろうから、今のような「塹壕戦」をだらだらとやっている場合じゃないぞ。

 ルカシェンコは、予告なしの動員演習を今月、実施した。自軍が命令一下、動ける態勢になっているのかどうか、確かめたのだ。
 もちろん、ルカシェンコはプー之介の言うなりになって自滅するなど御免である。しかしロシアの手先はいつでもルカシェンコを暗殺できるので、表立って逆らうこともできない。

 ※雑報によるとベラルーシのマチュビシチ航空基地に展開していた露空軍のミグ31Kが、吊下していた「キンジャル」のモーターがなぜか自燃発火したために火災となり、1機まる焼けの模様。』