中国コロナ感染急増 浙江省で1日100万人超え

中国コロナ感染急増 浙江省で1日100万人超え
アップルなど供給網に懸念
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM251WD0V21C22A2000000/

『中国浙江省政府は25日、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者が100万人を超えたと発表した。広東省東莞市や山東省青島市も数十万人にのぼり、急増している。中央政府の公式統計は実態を反映しておらず、情報公開への批判が国内外で高まりそうだ。

浙江省政府は1日あたりの感染者数が2023年1月1日前後にピークを迎え、200万人に及ぶとの予測も公表した。

人口が約6500万人の同省は上海市に隣接し、中国ネット通販最大手のアリババ集団が本社を置く杭州市が省都だ。米アップルの取引先工場のほか、日本電産など外資系も多い製造業の集積地だ。感染拡大でサプライチェーン(供給網)への影響が懸念される。

英調査会社エアフィニティは21日のリポートで、中国の1日あたりの感染者が「100万人を超えた可能性がある」と推計したが、大幅に上回る実態が明らかになった。広東省東莞市の衛生当局も23日、毎日の感染増加が25万~30万人規模だと発表。山東省青島市は同49万~53万人との推計値を示した。

一方、中国国家衛生健康委員会は25日、これまで続けてきた毎日の感染情報の公表をやめると発表した。中国疾病予防コントロールセンターが同日、代わりに感染者数や死者数を公表した。同センターは衛生健康委に所属する政府機関で、発表主体が格下げされた。

海外からは中国の情報公開に疑問の声があがる。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日の記者会見で感染拡大に懸念を示し、中国政府に重症度や入院患者数など、より詳細な情報を提供するよう求めた。

これに対して中国外務省の毛寧副報道局長は22日の記者会見で「中国は一貫して透明性のある情報を発表し、WHOにも報告してきた」と反発。情報公開に問題はないとの立場を示した。

北京市など感染者数が急増した都市では病院の人手不足が深刻だ。現地メディアの財新は23日、「山東・湖北・江蘇の3省が重症者の治療を支援するため北京に医師や看護師を派遣した」と報じた。今後、全国的に感染がさらに増えれば、各地で医療体制が逼迫しそうだ。

(渡辺伸)

【関連記事】

・中国コロナ急増、医療逼迫 「死者1日5000人超」推計も
・中国、ゼロコロナ緩和で過渡期の混乱 関連企業は苦境に
・中国の衛生健康委、感染者数の公表停止 傘下組織に移管
・中国主要都市、地下鉄利用4割減 ゼロコロナ緩和2週間

ニューズレター https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop 』

https://www.nikkei.com/promotion/?n_cid=DSPRM1RT02_white