中国のコロナ感染、12月に2億4800万人か 資料流出

中国のコロナ感染、12月に2億4800万人か 資料流出
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB23BY40T21C22A2000000/

『【北京=共同】米政府系のラジオ自由アジア(RFA)は23日までに、中国で今月、総人口の約18%に当たる2億4800万人が新型コロナウイルスに感染したとする中国政府の内部資料が流出したと伝えた。事実なら公式発表をはるかに上回る大規模流行となる。

中国のSNS(交流サイト)に流出したのは国家衛生健康委員会の会議録。来年1月の春節(旧正月)連休に伴う大規模な移動により都市と農村部で感染が同時に広がり、医療逼迫など事態が深刻化する恐れがあると懸念を示している。

中国政府の発表では、20日に新たに確認した感染者は3049人(無症状感染者を除く)。しかし会議録によると、同日の感染者は推計で約3700万人に上った。四川、安徽、湖北各省と上海の感染率が高かった。

北京と四川省の感染率はいずれも50%を超えたという。重症者数のピークを迎えた北京では医療体制の拡充が急務だと指摘。年末までに各地で流行のピークが訪れるとの見通しを示している。

【関連記事】

・中国、ゼロコロナ緩和で過渡期の混乱 関連企業は苦境に
・中国、コロナ対策の入国時隔離を撤廃か 23年1月にも
・[FT]中国ゼロコロナ緩和失策、旧正月で拡大も(社説)
・中国、止まらぬ薬不足 コロナ需要急増で価格18倍も

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

西村友作のアバター
西村友作
中国対外経済貿易大学国際経済研究院 教授
コメントメニュー

別の視点

北京の街は随分と落ち着きを取り戻してきました。予想以上のスピードです。

先日久しぶりに地下鉄に乗ったのですが、予想以上に乗客が多くて驚きました。オフィスにも人が戻り始め、北京名物(?)の交通渋滞も起こっています。久しぶりの会食で訪れたレストランも客足が随分戻っていました。感染速度が速い分、リバウンドも速くそして大きくなりそうです。

ここからの問題は地方都市だと思います。すでに帰省している学生に話を聞くと、現在急速に感染が拡大しているのは主に省都などの大都市で、中小規模の都市はまだ本格的な感染は始まっていないようです。医療資源に乏しい田舎町での感染拡大は今後の大きなリスクとなりそうです。
2022年12月24日 12:30

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 特任編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説

息をのむような感染爆発です。

①英医療調査会社エアフィニティの予測では、中国の1日当たり感染者は最大420万人でしたが、内部資料によるとされる12月20日の感染者3700万人は、その9倍近く。

②問題は死者数です。エアフィニティは1日当たり100万人の感染者で、死者5000人と予測しました。中国では23日までに2億4800万人が感染したとなると、すでに相当な数のコロナ死が発生していると疑われます。

③中国当局は感染者数や死者数について、きちんとした発表をしていません。いずれ超過死亡が判明した時点で、状況をうかがえるでしょうが、21世紀の「大躍進」ともいうべき現状は人災の様相を呈しています。

2022年12月24日 9:03

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB23BY40T21C22A2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』