プーチン大統領、迅速な兵器供給指示 軍需企業関係者に

プーチン大統領、迅速な兵器供給指示 軍需企業関係者に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR240120U2A221C2000000/

『【ロンドン=大西康平】ロシアのプーチン大統領は23日、西部トゥーラ州で軍需企業の関係者を集めた会議に参加した。「最も重要な任務は最前線の部隊に必要な武器や装備を可能な限り短期間で提供することだ」と発言し、迅速な兵器供給を指示した。米国がウクライナへの追加支援を表明する中で、ロシア側も対応を迫られている。

ロイター通信などによると、西部トゥーラ州には大規模な軍需工場が存在する。プーチン氏は「戦闘経験を踏まえて、武器や装備を大幅に改善することも重要だ」とも話したという。ショイグ国防相も23日、中部イジェフスクの軍需企業の工場を訪れた。2023年に同工場への発注を大幅に増加させると述べたという。

ウクライナへの侵攻が長期化する中で、ロシア側の兵器の損失がかさんで供給が課題となっている。訪米したウクライナのゼレンスキー大統領に対し、バイデン米大統領は迎撃ミサイルシステム「パトリオット」を供与すると表明して支援を強化。ウクライナの厳しい冬に対応した装備も必要となっている。』