チリ、TPP批准 10カ国目、左派大統領の慎重姿勢で遅れ

チリ、TPP批准 10カ国目、左派大統領の慎重姿勢で遅れ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122300319&g=int

『【サンパウロ時事】南米チリ政府は22日、環太平洋連携協定(TPP)の批准手続きを終え、事務局役のニュージーランドに通知した。発効は2023年2月の見込み。TPPは日本やオーストラリア、カナダなど11カ国が18年3月に署名。批准していないのはブルネイだけとなった。

日米欧と中ロの対立鮮明 世界経済、深まる「亀裂」―APEC・G20首脳会議

 チリ議会は今年10月に協定を承認。ただ、自由貿易に慎重姿勢を示す左派のボリッチ大統領は、チリをTPPの「投資家と国との紛争解決メカニズム」の適用外とするよう主張。最終手続きである署名を保留し、参加国に適用外と認めるサイドレター(協定付属文書)署名を呼び掛けたため、批准が遅れていた。 』