ゼレンスキー氏「支援は民主主義への投資」 米議会演説

ゼレンスキー氏「支援は民主主義への投資」 米議会演説
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2260T0S2A221C2000000/

『【ワシントン=飛田臨太郎】ウクライナのゼレンスキー大統領は21日、米連邦議会で演説し、米国のウクライナ支援は「世界の安全保障と民主主義への投資だ」と訴えた。侵攻を続けるロシアを「テロ国家」と表現し「戦争の責任を負わせよう」と呼びかけた。「ウクライナ国民は絶対に勝利を収めるだろう」と強調した。

【関連記事】北朝鮮がロシア民間軍事会社に武器供与 米が確認

ゼレンスキー氏は2月のロシアの侵攻開始後、初めて出国した。演説では「この戦いはウクライナ人の生命・自由・安全のためだけでなく、我々の子どもや孫がどんな世界に住むかを規定する」とも述べた。

議会演説を前にバイデン米大統領と会談した。米側は長距離の地対空ミサイル「パトリオット」を含む総額18億5000万ドル(2400億円)規模の追加支援を伝えた。バイデン氏は戦争の長期化をにらみ「確固たる支援」を継続すると約束した。

バイデン氏は会談後の記者会見で「ウクライナが戦場で勝っていれば、いずれゼレンスキー氏がロシア側と協議する準備ができた時にも成功できる」と言及した。ロシアとの停戦協議をすぐには求めない考えを示した形だ。

ただ、今回の武器の追加供与はウクライナの要求に対して満額の回答ではなかった。米メディアによると、ウクライナは米国の戦闘機や戦車、戦術地対地ミサイル(ATACMS)なども要請していたが含まれなかった。パトリオットは1基の供与にとどまった。

米国では2023年1月に始まる新議会の下院で共和党が主導権を握る。共和党内にはウクライナ支援にあてる巨額予算を見直すよう求める声がある。

米政府によると、バイデン政権が発足した21年1月以降に決めた対ウクライナ軍事支援は総額220億ドル規模に達する。米議会で審議中の23会計年度(22年10月~23年9月)予算案には449億ドルのウクライナ支援が盛り込まれた。

【関連記事】

・ゼレンスキー大統領の米議会での演説要旨
・一部の共和議員に拍手なし ゼレンスキー氏が米国で演説
・バイデン・ゼレンスキー氏が会談 パトリオット供与伝達

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

前嶋和弘のアバター
前嶋和弘
上智大学総合グローバル学部 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

ゼレンスキーの連邦議会での演説。間の取り方もちょっとしたアドリブも抜群でした。アクセントがある英語がアクセントがある分、説得力も迫力も増しています。サラトガの戦いや過去の大統領の話など、アメリカ人に受け入れられやすい内容も所々に盛り込まれています。「キャンドルで祝うクリスマスだが、ロマンテックなわけではなくロシアの攻撃で電気がないから」とイルミネーションの中の明るいワシントンとの対比の中で強い支援継続を訴えたのも絶妙でした。共和党の下院議員の6割が欠席。これをみても来年からの118議会でのウクライナ支援は政争の道具になりかねない気がします。これまでの超・超党派的な支援がどう変わっていくか。
2022年12月22日 21:38 (2022年12月23日 8:11更新) 』