中国空母「遼寧」、沖縄沖で発着艦130回 17~20日

中国空母「遼寧」、沖縄沖で発着艦130回 17~20日
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA21B8B0R21C22A2000000/

『防衛省は21日、17~20日に沖縄県沖の太平洋上で中国海軍の空母「遼寧」から艦載機の発着艦が計130回ほどあったと発表した。艦載の戦闘機で60回程度、ヘリコプターでおよそ70回を確認した。海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」が警戒監視した。

遼寧から飛び立った戦闘機には航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対処した。遼寧以外にミサイル駆逐艦など5隻の航行も確かめている。計6隻は16日に沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し、東シナ海から太平洋に入っていた。

防衛省は空母などの運用能力やより遠方の海空域での作戦遂行能力の向上を狙った活動の可能性があるとみて分析を進める。遼寧が5月に沖縄県沖に展開した際は艦載機の発着艦が計300回を超えた。』