プーチン大統領、ウクライナ併合4州は「複雑な状況」

プーチン大統領、ウクライナ併合4州は「複雑な状況」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR20E2J0Q2A221C2000000/

『【パリ=北松円香】ロシアのプーチン大統領は治安担当者らに向けたビデオ演説で、ウクライナ東部のドネツク州など一方的に併合した4州について「非常に複雑な状況にある」と発言した。プーチン氏がウクライナ侵攻に関して苦戦を率直に認めることは珍しい。
ビデオ演説は治安担当者の働きぶりを記念する祝日に際して配信された。プーチン氏は4州を「ロシアの新しい地域」と呼び、現地で活動する治安担当者に対し「ロシア市民はあなた方による保護に頼っている」と指摘した。ロシア政府は現代的装備や武器の供給などで支援するとした。

ロイター通信によるとプーチン氏は12月上旬にウクライナ侵攻について、「長いプロセスになりうる」と述べ、戦闘が長期化するとの見通しを示していた。一方で招集した30万人超の予備役のうちウクライナに配備されたのは15万人で残りは訓練中であり、追加の動員は必要ないと発言していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGR20E2J0Q2A221C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』