海保強化、「自衛隊と連携」明記 3文書改定で新方針

海保強化、「自衛隊と連携」明記 3文書改定で新方針
https://www.47news.jp/politics/8697842.html

『政府は16日、安全保障関連3文書の改定に合わせ、自衛隊との連携強化を盛り込んだ新たな海上保安庁の能力強化方針を決定した。自衛隊との関係は「それぞれの役割分担の下、あらゆる事態に適切に対応する」と明記。有事の際に防衛相が海保を指揮下に置く「統制要領」の策定やこれに基づく共同訓練の充実を図るとしている。

 岸田文雄首相は、首相官邸で開いた関係閣僚会議で「日本の海の安全を守り抜くため、関係省庁の持てる力を結集する」と表明。海保は、安保3文書改定に連動し、自衛隊との結びつきを強める形になる。海上保安庁法25条は非軍事性を定めており、整合性を問われる可能性もある。』