バイデン政権、兵站上の課題を抱えるパトリオットのウクライナ提供を決断か

バイデン政権、兵站上の課題を抱えるパトリオットのウクライナ提供を決断か
https://grandfleet.info/us-related/biden-administration-decided-to-offer-patriots-to-ukraine-with-logistical-challenges/

『米CNNは13日、政府関係者の話を引用して「バイデン政権が今週中にパトリオットシステムのウクライナ提供を発表する可能性がある」と報じており、ウクライナで起こっている現実が兵站上の課題を抱えるパトリオットの提供を決断させたらしい。

参考:Exclusive: US finalizing plans to send Patriot missile defense system to Ukraine
操作をマスターするには最低でも6ヶ月かかると言われているため事前訓練が行われていない限り「冬場の戦い」には間に合わない

ウクライナのエネルギーインフラはロシア軍のミサイル攻撃に晒されており、ゼレンスキー大統領は「ミサイル防衛対応の防空システムを提供してほしい」とNATOに再三要請してきたが、ロシアのメドヴェージェフ元大統領などは「もしパトリオットを提供すればNATOは我が軍隊の正当な標的になる」と警告しており、フランスとイタリアが共同提供すると噂されていたSAMP/Tも実行されるか不明瞭で、ドイツ軍のパトリオット部隊をウクライナに派遣したらどうかというポーランドの提案も拒否されている。

出典:Italian Army/CC BY 2.5 SAMP/T

さらに問題なのはパトリオットシステムのPAC-3形態で使用される迎撃弾の製造量が限られている点だ。

PAC-3MSEの年間製造量は約300発に過ぎず、ロッキード・マーティンは「2022年末にアーカンソー州の新工場が稼働すれば2024年までに年間製造量は約500発に増加する」と述べているが、これも既に買い手=米陸軍(毎年122発~240発)や既存の導入国向け、新たに導入したポーランド、ルーマニア、スウェーデン(3ヶ国の当初発注だけでも576発)で埋まっており、仮にパトリオットシステムをウクライナに提供して迎撃弾の消耗が始まれば155mm砲弾やGMLRS弾と同じように米軍備蓄に深刻の問題を引き起こすかもしれない。

出典:Photo Credit: U.S. Army PAC-2ランチャー

PAC-3MSEを補完するPAC-2GEM弾(PAC-2形態で使用)の新規調達を米国は行っておらず、既存のGEM弾をGEM-T弾(迎撃弾で弾道ミサイル、巡航ミサイル、航空機との交戦能力が向上したタイプ)にアップグレードを行っている程度で、ドイツがレイセオンと共同でGEM-T弾の生産を開始する予定だが量産弾が登場するのは当分先の話になる。

つまり「ウクライナで起こっている現実が兵站上の課題を抱えるパトリオットの提供を決断させた」というのは「バイデン政権が備蓄分を取り崩す覚悟を決めた」という意味で、備蓄への影響を最小限に留めるため提供数は最小限(標準的なシステムは8基のランチャーで構成されるためPAC-3形態なら128発/PAC-2形態なら64発の迎撃弾を装填)になると思うが、仮に消耗量が激しく米軍備蓄量を圧迫するようなことになれば同盟国向けのPAC-3MSE納入に影響を及ぼす=日本のPAC-3弾調達も無関係ではいられない。

出典:Photo Credit: U.S. Army

因みにパトリオットシステムのウクライナ提供を実行に移すためには国防長官と大統領の署名が必要で、米CNNは「計画にGOサインが出ればドイツでウクライナ人の訓練が始まる」と報じており、一般的にパトリオットの操作をマスターするには最低でも6ヶ月かかると言われているため事前訓練が行われていない限り「冬場の戦い」には間に合わないだろう。

追記:ウクライナ軍は迎撃率を高めるためミサイル1発に迎撃弾2発を使用しているため、仮にロシア軍が50発のミサイルを使用するとウクライナ軍は100発の迎撃弾を消耗している計算(大雑把な計算)になる。

出典:Денис Шмигаль シュミハリ首相

追記:ウクライナのシュミハリ首相は13日「経済規模の縮小は35%~40%と見積もられているが、このままインフラ攻撃が続けば更に10%縮小する、つまりGDPの50%が失われる可能性がある」と明かした。

関連記事:自衛隊の弾薬・スペアパーツ不足、予算配分で直ぐに解決するとは限らない
関連記事:ウクライナが切望していた高度な防空システム、仏伊がSAMP/T提供を準備中

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 米国関連 コメント: 15  』