エジプトと韓国がT-50/FA-50の現地製造で合意、アラブ工業化機構が協定に署名(2022.12.2)

エジプトと韓国がT-50/FA-50の現地製造で合意、アラブ工業化機構が協定に署名(2022.12.2)
https://grandfleet.info/middle-east-afria-related/egypt-and-south-korea-agree-on-local-production-of-t-50fa-50/

『 エジプト空軍が導入を進めていた高等練習機/軽攻撃機を巡り韓国とインドが争っていたが、アラブ工業化機構は韓国航空宇宙産業とT-50/FA-50の現地製造で合意して協定に署名したと発表した。

参考:?????? ??????? ?????? ??????? ???????(※ アラビア文字、変換できないもよう)

まだ合意内容が不明なのでよくわからないがインドのLCA-LIFTが敗れたことだけは確実だ
エジプト空軍が導入を進めていた高等練習機/軽攻撃機の導入は詳細(情報源によって内容に差がある)がよく分かっておらず、韓国(T-50/FA-50)とインド(テジャスMK.1ベースのLCA-LIFTやテジャスMK.1A)が争っているということだけは把握していたが、アラブ工業化機構(AOI)は韓国航空宇宙産業(KAI)とT-50/FA-50の現地製造で合意して協定に署名したと発表した。

出典:?????? ??????? ?????? ??????? ???????(※ アラビア文字、変換できないもよう)

この合意はエジプト空軍の需要だけでなくはAOIで生産されたT-50/FA-50をアラブ諸国に輸出することも視野に入っており、エジプトが現地製造するK9のエジプト陸軍仕様K9A1EGYと同じものだと思われる。

エジプトが韓国が締結した16.5億ドルの契約にはK9のエジプト陸軍仕様K9A1EGY、弾薬補給車輌K10、エジプト陸軍の要望で開発されるK10ベースの射撃統制車輌K11の現地製造が含まれ、モルシー軍需生産相は「エジプトが製造するK9は自国軍のニーズを満たすだけでなく中東・アフリカ諸国へ輸出を望んでおり、世界で最も新しい自走砲システムを入手したいと考える中東諸国やアフリカ諸国と既に2ヶ国間交渉を始めている」と言及していた。

出典:Photo by ROKAF/ CC BY 2.0 FA-50

つまり韓国はT-50/FA-50の現地生産に協力することで中東地域に同機の製造・保守拠点を確保、エジプトは中東諸国やアフリカ諸国への影響力を生かしてT-50/FA-50の売り込みを担当するという意味だだろう。

高等練習機/軽攻撃機に対するエジプト空軍の需要は100機前後になるという事前情報があるものの、まだ合意内容が不明(飽くまで導入の枠組についての合意で本契約ではない)なので断定できないが、インドのLCA-LIFTやテジャスMK.1Aが敗れたことだけは確実だ。

関連記事:K9を製造するエジプト、中東・アフリカ諸国への輸出交渉を開始
関連記事:インド、エジプトに国産戦闘機「テジャスMK.1A」の現地生産を提案か
関連記事:インドの国産練習機LCA-LIFT、豪空軍のHawk127後継機争いに敗れる

?
※アイキャッチ画像の出典:????????(※ アラビア文字、変換できないもよう)

シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin?it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 中東アフリカ関連 コメント: 26  』