アルゼンチンの次期戦闘機調達が急展開、大統領が計画の中止・凍結を示唆

アルゼンチンの次期戦闘機調達が急展開、大統領が計画の中止・凍結を示唆
https://grandfleet.info/north-america-related/argentinas-next-generation-fighter-procurement-moves-rapidly-president-suggests-canceling-or-freezing-the-plan/

『アルゼンチンのフェルナンデス大統領は「空軍の戦闘機を調達に資金を投資する余裕はない」と発言したため、JF-17、F-16、テジャスMK.1Aなどが争っている次期戦闘機調達計画が「中止もしくは凍結されるのではないか」と報じられている。

参考:Argentina urges EU to renegotiate South American trade pact
参考:Alberto Fernandez descarta la compra de aviones militares para las Fuerzas Armadas Argentinas

政府が大統領の発言を修正しないと本当に次期戦闘機の導入がポシャるかもしれない

アルゼンチンが進めている次期戦闘機の導入候補にはJF-17、F-16、テジャスMK.1Aが挙げられ、空軍はF-16導入を希望しているものの諸事情でJF-17導入が最も有力視されており、中国は米国の裏庭に足場を確保する可能性が高いと見られていたが、フェルナンデス大統領はFinancial Times紙とのインタビューの中で「戦闘機の購入よりも重要な分野に資金を分配しなければならない」と述べた。

出典:Ministry of Defence / GODL-India テジャスMK.1

フェルナンデス大統領の発言は公式プレスでも繰り返し引用されているため「政府の優先すべき課題において安全保障の重要性が(相対的に)低下している」と受け止められており、南米のディフェンスメディアなどは「フェルナンデスが軍用機の調達を否定した(次期戦闘機の調達を中止もしくは凍結したという意味)。ブラジル、チリ、ペルー、コロンビアなどが軍備増強に取り組んでいることを考慮するとアルゼンチンの政治的指導者は安全保障に対する意思や理解が掛けている」と辛辣に批判している。

どちらにしても大統領の発言は空軍が進めている近代化計画に大きな疑問を投げかけているため、政府が大統領の発言を修正しないと本当に次期戦闘機の導入がポシャるかもしれない。

関連記事:ほくそ笑む中国、競合が脱落していくアルゼンチン空軍の次期戦闘機導入

?※アイキャッチ画像の出典:Public domain パキスタン空軍のJF-17
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin?it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 北米/南米関連 コメント: 19 』