ポーランド最大の防衛産業企業、KF-21プログラムに参加することを希望

ポーランド最大の防衛産業企業、KF-21プログラムに参加することを希望
https://grandfleet.info/european-region/polands-largest-defense-industry-company-wants-to-join-kf-21-program/

『元ポーランド軍人のヤーチ下院議員が「KF-21のアップグレードバージョンがKF-21PLとして共同生産される可能性がある」と発言していたが、同国最大の防衛産業企業PGZの会長まで「KF-21プログラムへの参加」に言及して注目を集めている。

参考:폴란드 최대 방산업체 회장 “한국 KF-21 사업 참여하면 영광”
参考:Korea albo śmierć. Wielki program wymaga zdecydowanych działań w zbrojeniówce

ポーランド防衛産業界の命運は韓国との共同生産に掛かっているため現地メディアは「韓国か死か」と表現している

ワルシャワで韓国メディアの取材に応じたフバワーク会長は「KF-21プログラムに参加できるなら素晴らしいことで、韓国側がポーランドに一定の作業範囲を任してくれれば光栄だ。同機の構成部品を製造する拠点をポーランドに建設してくれればEU加盟国として周辺諸国にKF-21の採用を強く後押しできる」と明かしたため、韓国では「ポーランド側の立場ある人間が初めて『プログラム参加の意思』を公の場で口にした。ポーランドがKF-21の欧州進出における主要パートナーになるかもしれない」と報じている。

出典:KAI 한국항공우주산업

フバワーク会長の発言を韓国側へのリップサービスと見るかどうかは判断に迷うところだが、ポーランドでは韓国と締結した枠組みを活用して防衛産業の活性化を本気で狙っている。

防衛産業の活性化とは「武器で大儲けしよう」という意味ではなく、国防に投資される資金の受け皿=国内の防衛産業基盤がないと一方的に資金が国外へ流失するため、常識なコストで戦力を維持するのに欠かせないエコシステムを手に入れてたいとポーランドは考えており、この願いは韓国との協力に掛かっているため現地のDefence24は「韓国か死か」と表現しているのが興味深い。

出典:Public Domain アフガニスタンで使用されるポーランド軍のRosomak

Defence24の主張を要約するとポーランド過去、海外市場への供給も視野にパトリアAMVの国産化(Rosomak)と独自の派生型開発を進めたが、パトリア側の厳しい制限や我々の認識の甘さから何一つも成功せず、自国軍向けの需要を満たす生産に終わり、Leopard2A4のアップグレード計画もドイツ側がブラックボックス化された技術へのアクセスを拒否したため、2016年に開始され2021年に完了するはずだったレオパルド2PLへの改修作業は2027年にずれ込んでいる。

韓国製装備品の調達費用は決して安くないものの、投資する資金を国内経済に循環させるためのチャンスを提供してくれるためポーランドはこれを活かす必要があり、韓国との協力関係から十分な利益を引き出すためにはポーランド軍向けの生産だけではなく、ポーランドで生産された装備品の輸出機会も得なければならない。

出典:Ministerstwo Obrony Narodowej

韓国が約束した産業協力の範囲は広範囲に及び、しかも韓国側の準備は万端なので次から次へと我々に仕事を課してくる。韓国との合意で両国の防衛産業は運命共同体になり「ポーランドに必ず長期的な投資をしてくれる」と感じるかもしれないが、これは完全に誤解で長期的な投資が維持されるかどうかは全てポーランド側の努力に掛かっている。

現在、韓国製装備品にはノルウェー、ルーマニア、チェコ、スロバキア、フィンランドといった国々が長い列を作っており、これらの国々は防衛産業基盤が充実しているため必要なコンピテンシーを迅速に構築する試練から逃げれば、韓国製装備品の欧州におけるバブになるという構想を他の国に奪われ、ポーランドには自国向けのオーバーホール程度しか仕事が残らないかもしれない。

出典:Ministerstwo Obrony Narodowej ポーランドに到着したK2

そうならないためには韓国との協力関係を可能な限り相互利益の原則に基づいたものに仕上げ、ポーランドが韓国製装備品の欧州におけるバブとして機能するようにならなければならず、他の欧州諸国も韓国との防衛産業協力に関心を持っているため、とにかくポーランドはK2PL、K9PL、Chunmooの製造施設や保守拠点(FA-50は保守拠点のみ)を一刻も早く立ち上げて稼働させる必要があり「産業界は今回のチャンスを絶対に逃してはダメだ」と警告している。

仮に計画が躓いて防衛産業界の活性化に失敗(具体的にはK2PL、K9PL、Chunmooの現地製造に大きな遅れが生じてプログラムコストが高騰するなど)すれば経済的な恩恵はおろか、国防省からの発注も削減される可能性があり、Defence24は「ポーランドの防衛産業界にとって計画の躓きは停滞ではなく衰退に繋がる」と述べているのが印象的だ。

関連記事:米国にとって好都合、韓国と関係強化で合意したベトナムがKF-21を検討か
関連記事:欧州最強の地上部隊を整備するポーランド、天武×288輌の購入契約を締結
関連記事:米国もポーランドにHIMARSの技術移転と現地製造を容認、総費用の40%を還流
※アイキャッチ画像の出典:Ministerstwo Obrony Narodowej ポーランドに到着したK9