ウクライナ軍、スバトボとクレミンナを結ぶ幹線道路に迫っている可能性

ウクライナ軍、スバトボとクレミンナを結ぶ幹線道路に迫っている可能性
https://grandfleet.info/european-region/ukrainian-forces-may-be-closing-in-on-svatovo-kreminna-highway/

『ルハンシク州のガイダイ知事は8日「ロシア軍がウクライナ東部戦線に大量の人員と装備を持ち込むのに成功した」と明かし「迅速な前進を期待するな」と釘を指したが、スバトボとクレミンナを結ぶ幹線道路に迫っている可能性が高い。

参考:ВСУ продвигаются на Луганщине: скоро будут хорошие новости – Гайдай
龍の歯や塹壕で構成された防衛ライン、ロシア国境~クレミンナまでの約100kmが完成

ここ数日のウクライナ軍参謀本部が発表する内容が事実なら「タヴィルザンカ」「プロシュチャンカ」「チェルボノポピフカ」で両軍が交戦(砲撃戦なのか、市街戦なのか、郊外での戦闘なのかは不明)していることになり、幹線道路「P66」にウクライナ軍が迫りつつあると言って良いのかもしれないが、飽くまで視覚的な裏付けは無いので推測に過ぎない。

出典:GoogleMap ルハンシク州周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

さらにルハンシク州のガイダイ知事は8日「クレミンナとスバトボに向けてウクライナ軍が少しずつ前進しているものの、この地域には動員された兵士、カディロフツィ、ロシア軍の正規軍、ヘルソン方面からやって来た空挺部隊など大量の人員と装備が持ち込まれている」と明かし、迅速な前進を期待するなと釘を差したが「近い将来に良い知らせが届くことを信じている」と付け加えている。

因みにロシア軍は大量の建築資材を投入してルハンシク州に「龍の歯や塹壕で構成された防衛ライン」を建設している様子が確認されていたが、衛星写真によってロシア国境~クレミンナまでの約100kmが完成していると報告されており、ゴルロフカ方面から伸びていた防衛ラインもリシチャンシク周辺に到達しているらしい。

追記

独フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)紙は「米国がレオパルド2のウクライナ提供を支持している」「提供するかしないかはドイツの決定に委ねられている」と報じていたいたが、ワシントンを訪問した国防委員会のツィマーマン委員長は「国防総省や議会との会談でも(戦車提供への支持が)確認された。米国はドイツが責任を果たすことを期待している。ウクライナを見捨ててはならない。戦車が必要とされている」と明かした。

Das wurde mir auch bei meinem Besuch in #Washington in allen meinen Gesprächen im Außenministerium, im Kongress und im Senat bestätigt. Unsere Partner erwarten, dass Deutschland seiner Verantwortung gerecht wird. Wir dürfen die Ukraine nicht im Stich lassen. Sie brauchen Panzer. https://t.co/Vm1VkS36xF

— Marie-Agnes Strack-Zimmermann (@MAStrackZi) December 7, 2022

果たしてどうなることやら、、、

関連記事:ウクライナ軍とロシア軍の戦い、激戦区はバフムートとマリンカを巡る戦い

 ※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ』