経常収支10月641億円赤字 円安・資源高で1月以来

経常収支10月641億円赤字 円安・資源高で1月以来
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA080PB0Y2A201C2000000/

『財務省が8日発表した10月の国際収支統計(速報)によると、貿易や投資などの海外との取引状況を表す経常収支は641億円の赤字だった。赤字は1月以来。比較可能な1985年以降で10月に赤字となるのは162億円の赤字だった2013年以来、2度目だ。円安や資源高でエネルギー関連の輸入額が膨らんだことが響いた。

経常収支は輸出から輸入を差し引いた貿易収支や、外国との投資のやり取りを示す第1次所得収支、旅行収支を含むサービス収支などで構成する。今年10月の経常収支は1兆7347億円の黒字だった21年10月からマイナス方向に1兆7988億円変化した。マイナスの変化幅としては過去最も大きかった。

10月は貿易収支が1兆8754億円の赤字となり、経常収支全体の赤字につながった。輸入額が10兆8646億円と前年同月比56.9%増えた。原油と石炭、液化天然ガス(LNG)の値上がりが響いた。10月の原油の輸入価格は1バレルあたり105ドル96セントと前年同月比37.8%上がった。円建ては1キロリットルあたり9万6684円と、79.4%の大幅な上昇となった。

10月は円相場が一時1ドル=150円台の記録的な円安・ドル高となっていた。輸入物価の上昇に円安が拍車をかけた。

輸出額は前年同月比26.9%増の8兆9892億円だった。自動車や半導体等電子部品などが増えた。

輸出入とも単月として過去最大を更新した。輸出は中国経済の減速などで伸び悩んでいる面があり、輸入の増加ペースが大きく上回った。

サービス収支は7224億円の赤字だった。赤字は前年同月から1153億円拡大した。海外に対する研究開発費の支払いなどが増えた。

訪日外国人の消費額から日本人が海外で使った金額を引いた旅行収支は430億円の黒字だった。黒字の大きさは新型コロナウイルスの感染が広がる前の20年1月の2962億円以来となった。水際対策の緩和で訪日客が戻り始めた効果が出てきている。

第1次所得収支の黒字は2兆8261億円と前年同月比19.0%増えた。商社や自動車メーカーの海外からの配当などが増えた。日本企業の海外での稼ぎを貿易収支の赤字が打ち消す構図が強まった。

【関連記事】経常黒字6割減 22年度上期、エネルギー転換遅れ映す

ニューズレター
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

永浜利広のアバター
永浜利広
第一生命経済研究所 首席エコノミスト
コメントメニュー

ひとこと解説

季節調整値でみると、2014年3月以来の経常赤字となります。
最大の要因は、第一次所得収支の黒字額が前月から8000億円以上縮小したことです。
しかし、第一次所得収支は単月の振れが大きく、一方で貿易・サービス収支も原油価格のピークアウトやインバウンド消費増加などにより今後は赤字幅縮小が期待されますので、経常赤字が定着する可能性は低いと思います。
2022年12月8日 9:15 (2022年12月8日 10:56更新)

白井さゆりのアバター
白井さゆり
慶應義塾大学総合政策学部 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

経常収支が2022年1月以来赤字に転落しましたが、主因は所得収支とサービス収支の悪化で、貿易赤字の拡大を上回っています。所得収支は証券投資からの収入がネットで減少したことが主因ですが、サービス収支は外国人観光客が増えていますので旅行収支は改善しつつありますが、ビジネス関連で大きく支払いが増えたことによるもので一時的な要因による可能性もあります。貿易収支は今年4月以降赤字幅が大きくなっていますが、輸入する原材料価格の高騰と円安によりしばらく赤字が続きそうです。貿易赤字により日本経済の成長には長らく低迷していた設備投資の拡大が中心となり、ついでサービス消費の緩やかな回復が寄与していくでしょう。
2022年12月8日 9:39 (2022年12月8日 9:51更新)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOUA080PB0Y2A201C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』