10月以降、ポーランドでは、18歳から65歳までの一般市民数千人が、数箇所の軍射場で、実弾を使わない基礎射撃教練を受けている

10月以降、ポーランドでは、18歳から65歳までの一般市民数千人が、数箇所の軍射場で、実弾を使わない基礎射撃教練を受けている
https://st2019.site/?p=20684

『Svetlana Shkolnikova 記者による2022-12-6記事「Ukraine war pushes Poland to train civilians as soldiers for a military mighty enough to challenge Russia」。

 10月以降、ポーランドでは、18歳から65歳までの一般市民数千人が、数箇所の軍射場で、実弾を使わない基礎射撃教練を受けている(一部ではレーザー使用)。市民自衛教習。ガスマスクの装着法等も教えられる。

 ポーランド正規軍は、当面の目標として30万人に増やそうとしているところ。

 ポーランドは2009に徴兵制を止めてしまったのだが、全国世論調査では、それは復活させたほうがいいと考える市民が急増。』