中国の王毅外相、歴史や台湾「一線越えてはならない」

中国の王毅外相、歴史や台湾「一線越えてはならない」
日中フォーラム 林外相「国民交流戻す必要ある」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0713C0X01C22A2000000/

『林芳正外相は7日、日中関係を巡り国民交流を活発にする意向を示した。「新型コロナウイルスで激減してしまった両国間の国民交流をしっかりと戻していく必要がある」と語った。中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は「新時代の要求にふさわしい中日関係を築いていくべきだ」と呼びかけた。

日中両国の有識者らが政治や経済について議論する「東京―北京フォーラム」の開会のあいさつでそれぞれビデオメッセージを寄せた。

林氏は「建設的かつ安定的な日中関係の構築という共通の方向性を双方の努力で加速することが重要だ」とも述べた。

王氏は米中対立を念頭に日本に経済貿易分野などでの関係深化を促した。「分断に反対し、サプライチェーン(供給網)の安定にともに尽力しなければならない」と話した。

王氏は「歴史や台湾などの問題は政治的な根幹にかかわる。一線を越えてはならない」とも強調した。香港や新疆ウイグル自治区にも触れ「内政(問題)であり日本は干渉すべきではない」と発言した。

Twitterで最新情報を発信 https://twitter.com/nikkeiseijibu/?n_cid=MCH998 

政治・外交 最新情報はこちら https://www.nikkei.com/politics/?n_cid=MCH999 』