ウクライナがドローン攻撃 ロシア空軍基地を標的

ウクライナがドローン攻撃 ロシア空軍基地を標的
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR064VW0W2A201C2000000/

『ウクライナによるロシアへのドローン(無人機)攻撃が相次いでいる。6日にはロシア西部の飛行場がドローンに攻撃されたほか、前日の5日にもモスクワ近郊などにある2カ所の空軍基地も攻撃を受けた。米メディアによると、ウクライナ高官は空軍基地へのドローンによる攻撃関与を認めている。

ロシアがウクライナのインフラ施設への攻撃を強めるなか、ウクライナ側は今後、ドローンによる遠隔攻撃での報復を増やす可能性がある。

ロシア通信は6日、ロシア西部のクルスク州にある飛行場がドローンで攻撃され、石油貯蔵施設から出火したと伝えた。死傷者は出ておらず、消火作業が続いているという。

ロシア国防省によると、5日朝にもモスクワ南東のリャザニ州にあるジャギレボ空軍基地と南部サラトフ州のエンゲリス空軍基地がドローンによる攻撃を受けた。ロシアの防空部隊がドローンを撃ち落としたが、爆発による影響などでロシア兵3人が死亡、4人が負傷し医療機関に搬送されたという。

迎撃された無人機の破片が落下し、航空機2機が軽微な損傷を受けたという。2基地はミサイルを搭載する戦略爆撃機「TU95」などロシアの主力爆撃機の拠点。このためロシア国防省はウクライナがドローンによる攻撃でロシアの長距離爆撃機の無力化を狙ったとみている。両空軍基地はウクライナ国境から400~500キロメートル程度離れている。

ウクライナ側はドローンによるロシアの空軍基地への攻撃を正式には表明していない。だが、米紙ニューヨーク・タイムズは5日、ドローンはウクライナ領内から発射され、少なくとも1機は基地の近くで活動した特殊部隊が誘導して攻撃したと伝えた。同紙はウクライナがロシアの中心部にある基地を攻撃する意思を示し、ウクライナの長距離攻撃能力を実証するものだったと分析した。

英国防省は背景については確認されていないとしながらも「ロシアが意図的な攻撃と評価した場合、おそらくウクライナ侵攻以来、戦略的に最も重要な戦力保全の失敗にあたると考えるだろう」と分析した。

一方、ロシア国防省はドローンでロシアの空軍基地が攻撃を受けた後の5日午後にウクライナのエネルギー・通信関連施設や軍事関連施設をミサイルで攻撃したと発表した。予定した17カ所の目標に命中したという。

ウクライナ軍参謀本部は全土に70発のミサイル攻撃があり、うち60発以上を迎撃したと発表した。ロシア軍は空爆のほか、東部ドネツク州北部の要衝であるバフムト周辺などで攻撃を続けている。

ウクライナのゼレンスキー大統領は5日夜のビデオ演説で、ロシア軍のミサイルの大部分を撃ち落としたとした上で、ロシアによる攻撃で4人が死亡したと明らかにした。ウクライナ側はロシア軍の大規模なミサイル攻撃が近いとみて、警戒感を強めていた。

ゼレンスキー氏は6日、東部ドンバス地域を訪れ、前線で戦う兵士を激励した。

【関連記事】

・ゼレンスキー大統領、東部ドンバス地域で前線部隊を激励
・ウクライナ、冬も攻勢 戦争研分析 戦闘抑制説に疑問
・[FT]ゼレンスキー氏「勇敢というより、むしろ責任感」

ニューズレター
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

上野泰也のアバター
上野泰也
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト
コメントメニュー

ひとこと解説

ウクライナ戦争は泥沼化しつつある印象を受ける。暖房が必要な冬であるにもかかわらず、ウクライナ国内の電力施設などをロシアが執ようにミサイル攻撃。ウクライナはついに前線からはるか離れたロシア領内の軍施設への攻撃に踏み切った。ロシアは当然、報復に動く。

ウクライナ軍が使用するトルコ製攻撃型無人機「TB2」の航続距離は約150kmにとどまるようであり、旧ソ連の偵察用無人機「Tu(ツポレフ)141」の誘導機能を強化し攻撃用に改造したものが使われたとの見方が出ていると、読売新聞が報じている。

そうであれば、米欧が供与した武器によるロシア領内への攻撃ではないところで、ウクライナが一定の自制をしているとは言える。
2022年12月7日 7:44

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGR064VW0W2A201C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』