中国のW杯中継、マスクなし観客の映像カット SNS「何を恐れる」

中国のW杯中継、マスクなし観客の映像カット SNS「何を恐れる」
https://www.asahi.com/articles/ASQD14PSMQCZUHBI01B.html?iref=pc_extlink

 ※ 『サッカーのワールドカップ(W杯)は、中国での人気が非常に高い。国営中央テレビは全試合を無料中継する』ことは、知らんかった…。

 ※ プロパガンダは、いつだって、「現実の姿に、敗北する。」…。

 ※ 言説で、現実をくるむことは、できない…。

『サッカーのワールドカップ(W杯)は、中国での人気が非常に高い。国営中央テレビは全試合を無料中継するが、中継画面に不思議な点がある。スタジアムで熱狂する観客の姿が映らなくなっているのだ。日本の中継と見比べながら検証してみると、ある狙いが浮かび上がる。

【続報】中国のW杯中継、突如戻った「観客アップ」 コロナ規制緩和と同調?

 青いユニホーム姿の日本サポーターがうねるカタールの競技場。体を揺らしながら声援を送り、応援の歌声がこだましていた。

 11月27日に行われたW杯カタール大会の8日目、日本対コスタリカ戦。0―0の後半27分ごろ、日本はゴール前でフリーキックのチャンスを迎えた。この試合のクライマックスの一シーン。テレビ朝日の中継では、鎌田大地選手がボールを蹴る前に2度、日本サイドの観客席がアップで映し出された。サポーターはマスクをしていない。

 だが同じ時間、中国国営の中央テレビの中継では、観客のアップは映っていない。代わりに、日本の森保一監督が周囲と話をする静かな映像が映し出された。2度目のシーンは、フリーキックを後方から見つめる日本代表の姿だった。

 このように、中央テレビでは…

この記事は有料記事です。残り1560文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。』

『坂尻信義
(朝日新聞編集委員=国際政治)
2022年12月1日16時57分 投稿

【視点】
 子供だましと言ったら、言葉遣いが悪いでしょうか。でも、あまりにも稚拙な対応に感じられました。こういう対応をとると、かえって人々の神経を逆なでしてしまうのではないかと、こちらが心配…。』

(※ 無料は、ここまで。)