ヘルソン東岸にウクライナ部隊上陸か 「橋頭堡」動画公開

ヘルソン東岸にウクライナ部隊上陸か 「橋頭堡」動画公開
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB051H10V01C22A2000000/

『【キーウ=共同】ウクライナ軍の特殊部隊は3日、ロシアが支配する南部ヘルソン州のドニエプル川東岸に橋頭堡を確保したとする動画を公開した。動画では国旗を立て「これが東岸解放の出発点となる」と表明した。部隊の一部が東岸に上陸した可能性がある。米シンクタンク、戦争研究所は3日、事実とすれば「東岸での作戦開始の道を切り開くだろう」と分析した。

ウクライナ軍は11月に西岸の州都ヘルソンを奪還し、東岸に撤退したロシア軍と対峙する形となっていた。ヘルソン州のヤヌシェビッチ知事は3日、戦闘が激化する可能性があるとして東岸の住民に川を渡って西岸に避難するよう呼びかけた。ウクライナ国籍の証明が必要だとし「ウクライナ側に戻りたい全ての人を待っている」と訴えた。

一方、ロシアのペスコフ大統領報道官は3日、ロシアが9月末に併合を宣言したウクライナ東部ドンバス地域(ドネツク、ルガンスク両州)をプーチン大統領が訪問する可能性について記者団に「いずれは実現する」と述べた。訪問で併合の既成事実化を強める狙いとみられる。

タス通信などによるとペスコフ氏は、ドンバスについて「ロシア連邦の一部だ」と述べ、プーチン氏の訪問は当然だとの見方を示した。具体的な時期の見通しは明らかにしなかった。

ロシアが併合を宣言したドンバスや南部ではウクライナ軍との激戦が続いており、9~10月の部分的動員に続き、追加動員の観測が一部で出ている。ペスコフ氏は「そのような情報はない。動員は完了したとの大統領の言葉を知っているはずだ」と述べ、追加動員への国内の不安払拭を図った。』