「中国の習主席、欧米ワクチンに消極的」 米高官が批判

「中国の習主席、欧米ワクチンに消極的」 米高官が批判
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB042U30U2A201C2000000/

『【ワシントン=時事】ヘインズ米国家情報長官は3日、中国全土で厳しい行動制限を伴う「ゼロコロナ」政策への抗議活動が広がる中、習近平中国国家主席の指導力が問われているとの見方を示した。行動制限を緩和して国民の不満を和らげるためには、効果が高い欧米製ワクチンを輸入すべきだが、習氏が受け入れに消極的だと非難した。

ヘインズ氏はカリフォルニア州で講演し、中国共産党は感染拡大を徹底的に封じ込める強制的措置を続けることで一党支配の正統性をアピールしてきたと指摘。その上で、ゼロコロナ政策に固執してきた習氏の対応について「西側諸国から良いワクチンを受け入れず、ほとんど効果のない中国製ワクチンに頼っている」と批判した。

また、中国で抗議デモが発生し、公然と政権批判が行われるのは異例の事態だと言及。「中国政府は統制能力が高いという習氏のシナリオに反する動き」だとした上で、打開策を打ち出せるかが「習氏の立場にとって極めて重要だ」と強調した。

中国はゼロコロナ政策に加え、中国製ワクチンとインフラ投資をセットにして外国に提供する「ワクチン外交」を展開して西側諸国に対抗してきた。ヘインズ氏は、これらの看板施策が行き詰まっているとの認識を示し、「習氏の意思決定を非常に注意深く見ていく」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOCB042U30U2A201C2000000&n_cid=DSPRM1AR08 』