B-21 (航空機)

B-21 (航空機)
https://ja.wikipedia.org/wiki/B-21_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

『B-21はアメリカ合衆国の長距離打撃爆撃機計画の一環としてノースロップ・グラマン社が開発している長距離戦略爆撃機である。

この爆撃機は、2025年までに運用に入る予定で既存のB-2とB-1を置き換え[1]、 B-52を補完し、最終的に置き換える予定[2][3]。

愛称のレイダー(Raider)[4]は第二次世界大戦中にドーリットル空襲で日本を爆撃した部隊の通称『Doolittle Raiders』にちなむ[要出典]。 』

『概要

アメリカの戦略爆撃機は現在B-1、B-2、B-52の3機種となっているが、2020年代後半からB-1とB-2の退役を開始し、エンジンの交換などで延命したB-52と新型のB-21の2機種に再編する予定[5]。100機以上のB-21を調達し、B-52と併せて175機以上の配備を予定している[5][6]。

機体はB-2と同様の全翼機の想像図が公開されているが詳細は不明。ステルス機の探知を目的に中国などが開発中のVHF/UHF帯を用いたレーダーでも発見され難くなり、無人飛行も可能になる予定とされる[7]。

前方施設での駐機時に使用する仮設シェルターも開発されている[8]。
脚注・出典

^ Jeremiah Gertler (2017年6月7日). “Air Force B-21 Raider Long-Range Strike Bomber”. Congressional Research Service (CRS) 2018年1月23日閲覧. "B-21s would initially replace aging B-1 and B-52 bombers, and would possibly replace B-2s in the future."
^ “New B-21 bomber named 'Raider': U.S. Air Force”. Reuters. (2016年9月19日) 2017年4月23日閲覧. "The stealth B-21, the first new U.S. bomber of the 21st century, is part of an effort to replace the Air Force's aging B-52 and B-1 bombers, though it is not slated to be ready for combat use before 2025."
^ “US Air Force requests $156.3 billion in FY19, plans to retire B-1, B-2 fleets”. Defense News. (2018年2月12日) 2018年2月13日閲覧。
^ Air Force Names the B-21 Bomber the Raider - NORTHROP GRUMMAN NEWSROOM(英語)。2016年9月19日、2016年9月20日閲覧。
^ a b “B1、B2爆撃機退役へ=20年代後半から-米空軍”. 時事ドットコム. (2018年2月14日). オリジナルの2018年2月16日時点におけるアーカイブ。
^ “Neuer US-Bomber soll China und Russland abschrecken”. Tages-Anzeiger. (2015年7月2日)
^ 竹内修「新型戦闘機は有人操縦も可能な無人機」『軍事研究』2017年2月号、162頁
^ “米空軍、B-21用の試作仮設シェルターを試験” (日本語). 航空新聞社. 2021年3月6日閲覧。

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、B-21 (航空機)に関連するメディアがあります。

長距離打撃爆撃機
2037年爆撃機
次世代爆撃機
B-2
FB-22
F-117
PAK DA
H-20

外部リンク

The B-21 Raider: A Bomber for the Future

執筆の途中です この項目は、軍用機や空軍に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ軍事、PJ航空/P軍事)。』