韓国のタンカー『B.オーシャン』は先週(11-23)、ギニア湾にて海賊に乗り込まれ…。

韓国のタンカー『B.オーシャン』は先週(11-23)、ギニア湾にて海賊に乗り込まれ、航行不能になっていた。
https://st2019.site/?p=20662

 ※ 今日は、こんな所で…。

『The Maritime Executive の2022-11-28記事「Italian Navy Assists Disabled Tanker After Pirates Steal Cargo」。

 ナフサやディーゼル油などの石油製品を運搬する韓国のタンカー『B.オーシャン』は先週(11-23)、ギニア湾にて海賊に乗り込まれ、航行不能になっていた。それをイタリア海軍の警備艇(コルヴェット)『コマンダンテ・ボルシニ』が救助中。

 コートジボアールのアビジャン港を目指しているものの、今週なかばの到着は無理だろう。

 海賊は11-24に同船から去っている。

 船長は韓国の船会社には事件を連絡していた。しかし水曜日から近辺コーストガードとの交信ができなくなっていた。

 伊艦によると、現場に着いたところ、同船はアフリカ本土海岸から300海里沖を漂流していた。エンジンがかからないらしい。

 伊艦からはヘリコプターを使って海兵隊員が同船に乗り込み、状況を確かめた。
 19人の乗組員は負傷はしていないが金品を強奪されたという。

 2022-1にもこの同じ船『B. Ocean』が海賊に襲われ、977トンの燃料を盗み取られたという。今回も同じパターンらしい。今回、海賊は、航法計器と無線機も破壊したそうだ。

 当初は同船は日曜日(11-27)にアビジャン港に至れるのではないかといわれていたが、エンジンがかからない。それで伊海軍は、航洋タグを手配中。11-30にはアビジャンに着くだろう。

 イタリア海軍は2019年からギニア湾の警備に出動している。
 2022-4には、バラ積み貨物船が海賊に襲われかけていたのを、フリゲート艦で護衛した。
 2020には、ベニン沖で海賊に乗り込まれたタンカーを救出するためにヘリコプターで海兵隊員を送り込んでいる。海賊はそれを見て逃亡した。』