イスラエル、防衛産業界に長距離を高速で飛行できるUCAVの開発を要請

イスラエル、防衛産業界に長距離を高速で飛行できるUCAVの開発を要請
https://grandfleet.info/middle-east-afria-related/israel-asks-defense-industry-to-develop-ucav-that-can-fly-long-distances-at-high-speed/

『米reakingDefenseは「イスラエルが公に存在を認める無人機はHeronとHermesだけだが、これは国防軍が保有する無人機の氷山の一角に過ぎずない」と報じており、新たに「より長距離を高速で飛行できるUCAV」を開発中らしい。

参考:Israel asks industry to develop new long-range, stealthy armed drones
イスラエルは無人機を海外に輸出したいという防衛産業界の圧力に折れて機密を解除、これまで公にしてこなった無人機が市場に出てくる可能性がある

イスラエル国防軍は「航空機運用の総飛行時間に占める無人航空機の割合は80%に達している」と明かしており、これは有人機によるミッションが無人機によるミッションに置き換わっていると言うより、無人機にしかできないミッションが急増して「航空機運用の総飛行時間自体が大幅に増加している」という意味合いが強く、国防軍の関係者は米reakingDefenseに「イスラエルが公に存在を認める無人機(小型UAVや徘徊型弾薬を除く)はHeronとHermesだけだが、これは国防軍が保有する無人機の氷山の一角に過ぎずない」と述べている。

出典:Zachi Evenor / CC BY 2.0 Hermes450

この関係者は「国防軍の無人機戦力が提供する能力は巨大で、中東全域の目標をピンポイント攻撃することができる」と主張しているが、イスラエル国防軍はイランの脅威に対抗するため自国の防衛産業界に「より長距離を高速で飛行できるUCAV」の開発を命じたと報じられており、この件に関わっている関係者はBreakingDefenseに「少なくとも3つ異なるUCAVが開発中で、長時間の飛行能力と様々なシグネチャーを抑えることに注力している」と述べ、別の関係者は空中給油への対応も選択肢の1つだと明かしているのが興味深い。

決してUCAVは万能でも無敵でもなく、一度捕捉されてしまえば有人機と同じように防空システムで対処可能だが、パイロットが必要ないため有人機より小型なので物理的にRCS値が小さく、比較的シンプルな形状や素材による低観測技術を取り入れるだけで敵に発見される確立を下げることが可能だ。

出展:彩云香江

万が一、リスクの高い作戦に投入して撃墜されても人命を失うリスクがないため使いやすく、空中給油に対応した「より長距離を高速で飛行できるUCAV」は有人機のミッションを肩代わりする可能性がある。

さらにイスラエルの電子戦技術は日々実戦で検証され改良が加えられているため「西側諸国の中で最も技術力が高い(イスラエルはF-35Iにも独自の電子装置を追加しているらしい)」と見られており、デジタル・ステルス技術と比較的シンプルなステルスタイプのUCAVを組み合わせれば敵の防空シールドを貫通したり、高度な防空システムが張り巡らされた空域での生存性を向上させることが出来るかもしれない。

出典:IAI 演習に参加したHeron TP

まぁイスラエル国防軍は秘密が多いので何をやっているのか謎だらけだが、開発した無人機を海外に輸出したいという防衛産業界の圧力に折れて政府は今年7月に「無人機に関する機密」を解除、海外の潜在的な顧客との話し合いが始まっていると報じられているので、これまで公にしてこなったHeronやHermes以外の無人機が市場に出てくる可能性がある。

関連記事:イスラエル国防軍、米英仏独伊を招待してUAVを主体とした世界初の軍事演習を実施
関連記事:狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機
関連記事:次世代の統合型電子妨害システム「EPAWSS」を搭載するF-15EXが見せた新たな可能性

?※アイキャッチ画像の出典:Nehemia Gershuni/CC BY-SA 3.0 』