ロシア軍がザポリージャ原発から撤退? ウクライナが撤退準備の兆候を確認

ロシア軍がザポリージャ原発から撤退? ウクライナが撤退準備の兆候を確認
https://grandfleet.info/european-region/will-russian-troops-withdraw-from-zaporizhia-nuclear-power-plant/

『2022.11.27

ウクライナの原発を管理するエネルゴアトム社は27日、ロシア軍がザポリージャ原発からの撤退を準備している兆候があると明かしたが、まだ「ロシア軍が撤退する」と明言するには時期尚早だと付け加えた。

参考:Есть признаки, что россияне могут покинуть ЗАЭС ? президент Энергоатома
ロシア軍は用済みになったザポリージャ原発を「善意のゼスチャー」としてIAEAに引き渡すつもりなのかもしれない

ウクライナ南部のドニエプル川沿いにあるザポリージャ原発は欧州最大の原子力発電所で、ロシア軍が3月4日に占領して以降もエネルゴアトム社によって運用が続いており、ウクライナ支配地域とロシア軍占領下の地域に電力を供給し続けているが、ロシア軍が原発敷地内に砲兵装備を持ち込んでザポリージャやニーコポリの攻撃拠点に活用、さらに原発施設を故意に攻撃(ウクライナ軍が攻撃した体)して放射能事故を引き起こす可能性を示唆して「西側諸国にウクライナへの武器支援を止めろ」と要求していた。

出典:UATV 武器を発電所敷地内に運び込むロシア軍

ただドニエプル川右岸から撤退したロシア軍はウクライナ軍の砲撃を避けるため川沿いの拠点を放棄、ドニエプル川から15km~20kmほど離れた地域に移動しており、再び川を渡河して右岸のヘルソン州やドニプロペトロウシク州に侵攻するのは現実的ではなく、利用価値が無くなったザポリージャ原発をどうするのか注目されていたが、エネルゴアトム社は27日「ロシア軍がザポリージャ原発からの撤退を準備している兆候がある」と明かした。

エネルゴアトム社は「ここ数週間、占領者がザポリージャ原発からの撤退を準備しているかもしれないという情報を受け取っており、敷地内にあった装備や物資を出来るだけ詰め込み、ブービートラップを仕掛け始めている」と明かしたが、まだ「ロシア軍が撤退する」と明言するには時期尚早で「撤退の準備をしている」と言うことは出来ると付け加えた。

因みにウクライナメディアは「ザポリージャ原発についてロシアの新聞も『IAEAの管理下に置く価値がある』という記事が増えている」と報じており、ロシア軍は用済みになったザポリージャ原発を「善意のゼスチャー」としてIAEAに引き渡すつもりなのかもしれない。

関連記事:ロシア軍がザポリージャ原発を占拠、正し原子炉自体は安定稼働中
関連記事:ロシア軍が再びザポリージャ原発を攻撃、今度は使用済み核燃料を狙い砲撃
関連記事:ロシア軍によるザポリージャ原発への砲撃は送電停止が狙い、軍事拠点化も進行中
関連記事:ロシア軍がザポリージャ原子力発電所を攻撃、ロケット弾が原子炉近くの施設に命中
関連記事:ロシア軍がザポリージャ原子力発電所を攻撃する理由、ウクライナ支援の中止を要求か?

※アイキャッチ画像の出典:DENAMAX/CC BY-SA 4.0 』