カーライル・グループ

カーライル・グループ
https://en-m-wikipedia-org.translate.goog/wiki/The_Carlyle_Group?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja 

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

Carlyle Groupは、米国に本拠を置く多国籍プライベート エクイティ、オルタナティブアセット管理、および金融サービス企業であり、3,760 億ドルの資産を管理しています。プライベート エクイティ、実物資産、プライベート クレジットを専門としています。世界最大級のメガファンドです。PEI 300インデックスによると、2015 年にカーライルは過去 5 年間に調達した資金で世界最大のプライベート エクイティ会社でしたが[3]、2020 年までに 2 位になりました。[4]

カーライル・グループ・インク
カーライル グループ logo.svg
タイプ
公開会社
として取引

ナスダック:  CG
ラッセル 1000コンポーネント

業界
未公開株
設立
1987年; 35年まえ
創設者

ウィリアム E. コンウェイ Jr.
スティーブン・L・ノリス
ダニエル・A・ダニエロ
デビッド・ルーベンスタイン
グレッグ・ローゼンバウム

本部
ワシントンDC
、 私たち
重要人物

ダニエル・A・ダニエロ
(名誉会長)
ウィリアム E. コンウェイ Jr.
(共同会長)
David Rubenstein
(共同議長)

製品

レバレッジド・バイアウト
成長資本
エネルギー
エネルギー貸付
ストラクチャードクレジット
不動産

収益
増加 87.8 億米ドル( 2021 年) [1]
営業利益
増加 42億1000万ドル(2021年)[1]
当期純利益
増加 29.7 億米ドル(2021 年) [1]
運用資産
増加 3,760 億米ドル(2022 年) [2]
総資産
増加 212.5億米ドル(2021年) [1]
総資本
増加 57 億 1000 万ドル(2021 年) [1]
就業者数
1,850 1
子会社
バロエナジー
Webサイト
カーライル.com

1987 年にウィリアム E. コンウェイ Jr.、スティーブン L. ノリス、デビッド ルーベンスタイン、ダニエル A. ダニエロ、グレッグ ローゼンバウムによってワシントン DCで設立された同社は、2021 年 12 月現在、6 大陸の 26 のオフィスに約 1,850 人の従業員を擁しています。. 2012 年 5 月 3 日、カーライルは7 億米ドルの新規株式公開を完了し、 NASDAQ証券取引所で取引を開始しました。
コンテンツ

歴史

創業と初期の歴史

カーライルは 1987 年に投資銀行ブティックとして、金融と政府のバックグラウンドを持つ 5 人のパートナー (ウィリアム E. コンウェイ Jr.、スティーブン L. ノリス、デビッド ルーベンスタイン、ダニエル A. ダニエロ、グレッグ ローゼンバウム)によって設立されました。[5]創設パートナーは、ノリスとルーベンスタインが新しい投資事業を計画したニューヨーク市のカーライル ホテル (トーマス カーライルにちなんで名付けられた) [6] にちなんで会社の名前を付けた。[7]ワシントンを拠点とする弁護士であるルーベンスタインは、カーター政権で働いていた。ノリスとダネイロはマリオットコーポレーション; Conway は、 MCI Communicationsの財務担当役員でした。ローゼンバウムは最初の年に退職[8]し、ノリスは 1995 年に退職した[7] [9]。Carlyle はT. Rowe Price、Alex からの 500 万ドルの資金援助を受けて設立されました。Brown & Sons、First Interstate Equities、Richard King Mellonファミリー。[10] [11]

1980 年代後半、カーライルは取引ごとに資本を調達し、チチの買収合戦の失敗を含め、レバレッジド バイアウト投資を追求しました。[8] [11]同社は 1990 年に 1 億ドルの投資家のコミットメントで最初の専用バイアウト ファンドを調達しました。カーライルは初期の頃、1991 年のアル ワリード ビン王子によるシティグループへの 5 億ドルの投資を含む取引で助言を行いました。タラル、サウジ王室の一員。[11]

カーライルは、防衛産業に関連する事業を買収することで評判を得ました。1992 年、Carlyle は General Dynamics Corporation の Electronics 部門の買収を完了し、GDE Systems と改名し、軍用電子システムのメーカーになりました。[12]カーライルは1994 年 10 月に事業をTracorに売却する予定だった[13]カーライルは 1993 年にフィリップス エレクトロニクスからマグナボックスの軍事通信および電子戦システム部門であるマグナボックス電子システムを買収した[14]カーライルはマグナボックスを約 370 ドルで売却したカーライルは、1995 年に Hughes Aircraft Company に 100 万ドルを投資しました。ノースロップ・グラマン。[15]カーライルの最も注目すべき防衛産業への投資は、1997 年 10 月のユナイテッド ディフェンス インダストリーズの買収でした。United Defense の 8 億 5,000 万ドルの買収は、それまでの Carlyle の最大の投資でした。[16] [17]カーライルは 2001 年 12 月にニューヨーク証券取引所でユナイテッド ディフェンスの IPO を完了し、2004 年 4 月に残りの株式を売却した[18]より最近では、カーライルは防衛産業への投資を減らしている。 . [19]

カーライルの 2001 年の投資家会議は 2001 年 9 月 11 日に開催されました。会議に続く数週間で、ビン ラディン家の一員であるシャフィーク ビン ラディンが「名誉のゲスト」であり、彼らが投資家であることが報告されました。カーライルは資金を管理しました。[20] [21] [22] [23] [24]その後の報道で、ビン・ラディン一家が1995年にカーライルの13億ドルのカーライル・パートナーズIIファンドに200万ドルを投資したことが確認された。しかし、1995 年にコミットされた 200 万ドルは初期の貢献にすぎず、時間の経過とともに増加したため、全体的な投資はかなり大きかった可能性があります。[25]これらの接続は、後にマイケル・ムーアの華氏 911でプロファイルされます。2001 年 9 月 11 日の同時多発テロ直後の 2001 年 10 月、ビンラディン一家はカーライルのファンドの持ち分を清算し、家族の名前とカーライル グループの名前との関連性が非公式になりました。[26]

2002–2006

2000 年と 2001 年のドットコム バブルの崩壊後、バイアウトは減少しました。より大きなトランザクションを完了することができます。カーライルは、ウェルシュ、カーソン、アンダーソン、ストウとともに、クエストデックスの 75 億ドルの買収を主導し[27]、1989 年以来 3 番目に大きな企業買収でした[28]。クエストデックスの買収は 2 段階で行われました。 2002 年 11 月に Dex Media East を買収し、2003 年には Dex Media West として知られる資産を 43 億ドルで買収した[29] RH Donnelley Corporationは 2006 年に Dex Media を買収した。

IBMとNabiscoの元会長兼 CEO であるLou Gerstnerは、 2003 年 1 月に Carlyle の会長としてFrank Carlucciに取って代わった[31] [ 32] [ 33 ] 。Gerstner の提案は、Carlyle が政治的に支配されている会社であるという認識を減らすことを目的としていました。[36]当時、15 年前に設立されたカーライルは、139 億ドルの運用資産を蓄積し、投資家に年間 36% のリターンを生み出していました。[33]

カーライルはまた、 2004 年 5 月にベライゾンからハワイアン テレコムを16 億ドルで買収したことを発表した[37]。同社はまた、バックオフィス システムを再作成する必要があったため、請求と顧客サービスの問題にも悩まされていました。Hawaiian Telcom は最終的に 2008 年 12 月に破産を申請し、Carlyle は会社に投資した 4 億 2,500 万ドルを失いました。[38]

Carlyle は、 2005 年 にHertzを150 億ドルで買収しました。

2000 年代半ばに大手プライベート エクイティ会社の活動が活発になると、カーライルはKKR、ブラックストーン グループ、TPG キャピタルなどの競合他社と歩調を合わせました。2005 年、カーライルは、クレイトン、デュビリエ & ライス、メリルリンチと共に、フォードの最大のレンタカー代理店であるハーツ コーポレーションの 150 億ドルのレバレッジド バイアウトを完了しました。[39] [40]

翌 2006 年 8 月、カーライルとその関連会社であるリバーストーン ホールディングスは、ゴールドマン サックス キャピタル パートナーズと提携し、米国最大のパイプライン オペレーターの 1 つであるキンダー モーガンを 275 億ドル (引き受け債務を含む) で買収しました。この買収は、同社の共同創設者でエンロンの元社長であるリチャード・キンダー氏の支援を受けていた。[41]

2006 年 9 月、Carlyle は、 Blackstone Group、Permira、およびTPG Capitalで構成されるコンソーシアムを率いて、176 億ドルでFreescale Semiconductorを買収しました。発表の時点で、Freescale は、2005 年の SunGard の買収を上回り、これまでのテクノロジ企業の最大のレバレッジド バイアウトとなるでしょう。. 元の契約が締結されようとしていたときに KKR が土壇場で入札したため、買い手はさらに 8 億ドルを支払うことを余儀なくされました。2006 年後半にこの取引が成立した直後、フリースケールの元親会社で主要顧客だったモトローラ社の携帯電話の売り上げが急激に落ち始めた。さらに、2008 年から 2009 年にかけての不況では、フリースケールの自動車メーカーへのチップ販売が落ち込み、同社は大きな財政難に陥りました。[42] [43]

その年の初め、2006 年 1 月、カーライルはBlackstone Group、AlpInvest Partners、Hellman & Friedman、KKR、Thomas H. Lee Partnersとともに、以前は VNU として知られていた世界的な情報およびメディア企業であるNielsen Companyを 89 億ドルで買収しました。[44] [45] [46]また、2006 年に、カーライルは、2010 年 8 月に最終的に破産を宣言したオリエンタル トレーディング カンパニーを買収し[47]、米国最大の歯科医院チェーンであるスモール スマイルズ デンタル センターの所有者であるフォーバ デンタル マネジメントを買収した。子供のための。[48]
2007–2017

2011 年、カーライル グループ – カーライル アジア グロース パートナーズ IV と Yunfeng Capital [49] [50] [51]は、デジタル シネマであるGDC Technology Limitedの約 80% の株式[52] [53] [54] [55]を取得しました。ソリューション プロバイダー。

2011 年 8 月、カーライル グループは、ブロードバンド通信とエネルギー活動を専門とする世界的なハイテク グループである、フランスに本拠を置くSagemcomの買収をゴアズグループから完了したことを発表しました。Carlyle は声明の中で、現在 Sagemcom の 70% を所有しており、同社の経営陣と従業員が残りの 30% を所有していると述べた。Sagemcom は世界中に 6,000 人以上の従業員を擁し、2010 年の売上高は 14 億ユーロです。[56]

2017年~現在

2017 年 10 月、カーライル グループは、創設者が取締役会の執行委員長にとどまるが、会社の日常のリーダーとして辞任すると発表しました。彼らは、2018 年 1 月 1 日付けで、グレン・ヤングキンとキューソン・リーを共同 CEO として後継者に任命しました。[57] [58] [59]

2017 年 10 月、カーライル グループはブランドのSupremeに 5 億ドルの投資を行い、会社の価値を 10 億ドルと評価しました。2020年に、The North Face、Timberland、およびVansを所有するVF Corporationが21億ドルで投資を取得しました。

2019 年 10 月 14 日、カーライル グループとプライベート エクイティ会社のステレックス キャピタル マネジメントは、オレゴン州ポートランドの造船会社 Vigor Industrial LLC と、ノーフォークに本拠を置く船舶修理および保守会社の MHI ホールディングス LLC の買収と合併を完了したと発表しました。 Va. 契約条件は明らかにされていません。[60]

2020 年 6 月 2 日、カーライル グループと T&D ホールディングスは、Fortitude Group Holdings の 76.6% の株式の購入を完了したと報告しました。後者は、Fortitude Re と American International Company Inc. で構成されています。[61]また、2020 年 6 月には、 Unison は、Carlyle Group と Unison 経営の戦略的投資会社によって買収されました。[62]

2020 年 9 月、カーライル グループは、ミネアポリスに本拠を置く消毒機械メーカーのビクトリー イノベーションズの過半数の株式を取得しました。契約条件は明らかにされていません。[63]

2020 年 9 月末、Youngkin は会社を退職し、コミュニティと公共サービスの取り組みに専念する意向を表明しました。これにより、リーは唯一のCEOになりました。[64] [65] [66]ヤングキンはその後、2021年の州知事選挙でバージニア州知事に選出された。

2021 年 1 月、The Carlyle Group は、大規模マルチプレイヤー オンライン ゲームRuneScapeで知られる英国のビデオ ゲーム開発スタジオであるJagexの過半数の株式を取得しました。[67] [68]

2022 年 3 月、Carlyle Group はInvestcorpからイタリアのオートバイ キットおよび衣料品会社であるDaineseを買収しました。[69]これに続いて、2022 年 5 月、カーライル グループは、サイバー セキュリティと IT 防御のための米国政府の請負業者であるマンテック インターナショナルの買収契約を発表しました。39 億ドル相当の取引には、2022 年 2 月 2 日の ManTech の終値に対して 32% のプレミアムに相当する 1 株あたり 96 ドルで会社を買収することが含まれます。[70]

2022 年 11 月、カーライル グループが国際的なマーケティング エージェンシーであるインキュベータを買収したことが発表されました。[71]
所有権の変更

カーライルは、その存在の最初の 25 年間、投資パートナーによって管理される民間パートナーシップとして運営されていました。2001年、1996年からカーライルが管理するファンドに投資していたカリフォルニア公務員退職制度(CalPERS)は、カーライルの管理会社の5.5%の株式を1億7500万ドルで取得した。[72]この投資は、2000 年代のバイアウト ブームの最盛期である 2007 年までに約 10 億ドルと評価されました。[73]

2007 年 9 月、アラブ首長国連邦のアブダビ政府の投資会社であるMubadala Development Companyは、7.5% の株式を 13 億 5000 万ドルで購入しました。[73] [74]

2008 年 2 月、カリフォルニア州議会はカーライルとムバダラを対象に、CalPERS が「人権に関する実績が乏しい国が一部所有するプライベート エクイティ会社」に投資することを禁止する法案を提案しました。カーライルとムバダラ・デベロップメントの関係に注目を集めることを意図した法案は、後に撤回された. [75]

2012 年 5 月、カーライルは同社の新規株式公開を完了し、NASDAQに CG のシンボルで上場しました。当時、約 1,470 億ドルの資産を管理していた同社は、この売り出しで 6 億 7,100 万ドルを調達しました。IPO 後、カーライルの残りの 3 人の創設パートナーであるルーベンスタイン、ダニエッロ、コンウェイは、同社の筆頭株主としての地位を維持しました。[76]

2017 年 6 月、カーライルは非取引 BDC である TCG BDC, Inc. を、2014 年以来初の事業開発会社の IPO で公開しました。[77] [78]
シニアリーダーシップ

会長:なし(ダニエル・A・ダニエッロが現在名誉会長)
最高経営責任者:ウィリアム E. コンウェイ Jr. (暫定; 2022 年以降)

委員長一覧

ダニエル・A・ダニエロ(2012–2018)

歴代最高経営責任者一覧

ウィリアム E. コンウェイ Jr.とデビッド M. ルーベンスタイン(1987–2017)
キューソン・リーとグレン・ヤングキン(2017–2020)
キューソン・リー (2020–2022)

事業セグメント

同社は、次の 4 つの事業セグメントで構成されています。

コーポレート プライベート エクイティ – カーライルのプライベート エクイティ ファンド ファミリーの管理。主にレバレッジド バイアウトおよびグロース キャピタル取引に、地理的に焦点を絞った一連の投資ファンドを通じて投資します。

実物資産 – 不動産、インフラ、エネルギー、再生可能資源への投資を追求するファンドの管理。

グローバル クレジット – 困難な状況や特殊な状況への投資、直接貸付、エネルギー クレジット、ローンおよびストラクチャード クレジット、オポチュニスティック クレジットを追求するファンドの管理。と

投資ソリューション – プライベート エクイティおよび不動産ファンド オブ ファンド、共同投資、セカンダリーに投資するファンドの管理。

コーポレート・プライベート・エクイティ

カーライルのコーポレート プライベート エクイティ部門は、特定の地域または業界に焦点を当てた一連のレバレッジド バイアウトおよびグロース キャピタル投資ファンドを管理しています。カーライルは主に、航空宇宙、防衛および政府サービス、消費者および小売、エネルギー、金融サービス、ヘルスケア、産業、不動産、テクノロジーおよびビジネス サービス、電気通信およびメディア、運輸などの業界に投資しています。

カーライルのコーポレート プライベート エクイティ セグメントは、2018 年 3 月 31 日時点で 23 のバイアウトと 10 のグロース キャピタル ファンドに助言を提供しており、運用資産 (「AUM」) は 750 億ドルです。[79]

実物資産

カーライルの不動産部門は、11 の米国および国際的な不動産ファンド、2 つのインフラストラクチャ ファンド、2 つのパワー ファンド、1 つの国際エネルギー ファンド、および 4 つのレガシー エネルギー ファンド (カーライルがリバーストーンと共同で助言するファンド) に助言を提供しています。このセグメントには、NGP が助言する 9 つのファンドも含まれます。2018 年 3 月 31 日の時点で、不動産セグメントの AUM は約 440 億ドルでした。[79]

グローバルクレジット

カーライルのグローバル クレジット セグメントは、困難な状況や特別な状況、直接融資、エネルギー クレジット、ローン、ストラクチャード クレジット、オポチュニスティック クレジットにわたる投資機会を追求する 53 のファンドに助言を提供しています。2018 年 3 月 31 日現在、グローバル クレジット セグメントの AUM は約 340 億ドルです。[79]

投資ソリューション

カーライルのインベストメント ソリューション セグメントは、グローバル プライベート エクイティ (アルプインベスト パートナーズ) および不動産 (メトロポリタン) ファンド オブ ファンド プログラムと、関連する共同投資および 209 のファンド ビークルにわたる二次活動に助言を提供しています。2018 年 3 月 31 日現在、インベストメント ソリューション セグメントの AUM は約 490 億ドルです。[79]
アルプインベスト・パートナーズ
AlpInvest Partners Logo.svg
タイプ
プライベート
業界
未公開株
本部
オランダ、アムステルダム
製品
ファンド投資
セカンダリー
共同投資
メザニン
総資産
380億ユーロ
Webサイト
http://www.alpinvest.com _ _
主な記事: AlpInvest パートナー

AlpInvest Partnersは、2018 年 3 月 31 日時点で 380 億ユーロ以上を運用している世界最大のプライベート エクイティ投資マネージャーの 1 つであり、250以上のプライベート エクイティ会社とともに投資しています。2000 年に設立された AlpInvest は、歴史的に、オランダを拠点とする世界最大の 2 つの年金基金であるStichting Pensioenfonds ABP (ABP) とStichting Pensioenfonds Zorg en Welzijn (PFZW)の投資マネージャーのプライベート エクイティ投資の専属マネージャーでした。2011 年、カーライルは AlpInvest を買収し、主要なファンド オブ ファンズやセカンダリ プラットフォームを含む事業を統合し、カーライルのグローバルな資産運用事業を大幅に拡大しました。

AlpInvest は、大規模な買収、中規模の買収、ベンチャー キャピタル、成長資本、メザニン、ディストレストおよび持続可能なエネルギー投資を含む、プライベート エクイティの全領域にわたる投資機会を追求しています。アルプインベストは、ニューヨーク市、アムステルダム、香港にオフィスを構え、約 150 人の従業員を擁しており、そのうち 80 人以上が投資の専門家です。

カーライルの不動産ファンド オブ ファンド グループはメトロポリタンと呼ばれ、米国、ヨーロッパ、アジア、ラテン アメリカに 85 を超えるファンド マネージャーを擁するマルチ マネージャーの不動産ファンドと戦略へのアクセスを投資家に提供しています。メトロポリタンは、米国、米国以外、およびグローバルな不動産ポートフォリオを構築および管理しています。これには、プライマリおよびセカンダリ ファンドの持分ならびに共同投資が含まれます。
子会社および合弁会社

カーライルは、一連の買収と合弁事業を通じて、投資活動と運用資産を積極的に拡大してきました。[80]
カーライル・キャピタル・コーポレーション

2008 年 3 月、米国の住宅ローン担保証券への投資を目的として2006 年 8 月に設立されたカーライル キャピタル コーポレーション[81]は、サブプライム住宅ローン危機によってもたらされた世界的な信用収縮がレバレッジド ローンに対して悪化したため、約 166 億ドルの債務不履行に陥りました。投資家。カーライルのガーンジーに本拠を置くアフィリエイトは、一部のアカウントで最大 32 倍という非常に大きなレバレッジを受け、債権者が残りの資産を押収することを期待していました。[82]住宅ローン市場の震えにより、カーライルの 13 の貸し手のうちの数社がマージン コールを行ったり、カーライルがローンの債務不履行を宣言したりした [82] 。[83]2008 年 3 月 11 日、連邦準備制度理事会は、カーライルのマージン コールや信用市場におけるその他の同様の展開によって引き起こされたモーゲージ担保資産の強制清算に対応して、ウォール街のプライマリー ディーラーにモーゲージ担保証券を担保として差し入れる権利を与えました。格付けの高い米国政府保証証券による最大 2,000 億ドルの融資。[84]

2008 年 3 月 12 日、BBC News Onlineは、「住宅ローン担保証券市場を支える代わりに、反対の効果があり、貸し手に危険な資産を売却する機会を与えたようだ」と報じ、カーライル キャピタル社は「崩壊するだろう」と報じた。予想通り、貸し手が残りの資産を押収した場合。」[85] 2008 年 3 月 16 日、カーライル キャピタルは、そのクラス A 株主が満場一致で会社が第 XVI 節に基づく請願書を提出することに賛成票を投じたと発表した。ガーンジーの会社法 (1994 年) [86]の第 96 条は、残りのすべての資産を裁判所が任命した清算人によって清算することを許可する「強制清算手続き」を規定しています。[87]

カーライル・キャピタルの破綻によるカーライル・グループの損失は、「財務的な観点からは最小限」と報告されています。[88]

2017 年 9 月、裁判所は、カーライルは訴訟に責任を負わないとの判決を下しました。[89]
ドキュメンタリーで

カーライルは、マイケル・ムーアの『華氏9/11 』やウィリアム・カレルの『ブッシュによる世界』で紹介されています。

ファーレンハイト 9/11で、ムーアはカーライル グループに関する 9 つの主張を行っています。[90]ムーアは、カーライルとジョージ・H・W・ブッシュおよび彼の国務長官ジェイムズ・ベイカーとのつながりに焦点を当てた [90] 。この映画は、カーライル グループが軍事請負業者であるユナイテッド ディフェンスを所有していたために、 9 月 11 日の攻撃から「得た」と主張した著者のダン ブリオディを引用しています。[19]カーライルの広報担当者は 2003 年に、防衛産業に対する同社の 7% の関心は、他のいくつかのプライベート エクイティ会社よりもはるかに少ないと指摘しました。[91]

ブッシュによる世界で、ウィリアム・カレルはフランク・カールッチにインタビューし、9.11 攻撃が起こっている間、カーライルの年次投資家会議で、ウサマ・ビン・ラディンの疎遠な兄弟であるシャフィーク・ビン・ラディンの存在について話し合った。[21] [22] [23]
こちらもご覧ください

カーライルグループの会社(カテゴリー)
アルブスト・エナジー

参考文献

“Carlyle Group 2021 Form 10-K”. United States Securities and Exchange Commission. March 2, 2022.
“Carlyle Home”. Retrieved May 25, 2022.
“PEI 300”. Private Equity International. June 2015. Retrieved June 24, 2015.
“PEI 300”. Private Equity International. August 2020. Retrieved August 21, 2020.
Vise, David A. (October 5, 1987). “Area Merchant Banking Firm Formed”. The Washington Post. Retrieved August 21, 2020.
“Our Story | The Carlyle, A Rosewood Hotel”. http://www.rosewoodhotels.com. Retrieved August 6, 2022.
Mintz, John (January 9, 1995). “Founder Going Beyond the Carlyle Group”. The Washington Post. Retrieved August 21, 2020.
Farhi, Paul (June 6, 1988). “Chi-Chi’s Bid Won D.C. Investment Firm Wall Street’s Attention”. The Washington Post.
Thornton, Emily (February 12, 2007). “Carlyle Changes Its Stripes”. BusinessWeek. Archived from the original on February 28, 2007.
“Carlucci Takes Job at Carlyle Group”. The New York Times. January 30, 1989. Retrieved August 21, 2020.
Gilpin, Kenneth N. (March 26, 1991). “Little-Known Carlyle Scores Big”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
“General Dynamics Sells Unit To Private Group”. The New York Times. October 6, 1992. Retrieved August 21, 2020.
“Tracor To Buy GDE Systems From Carlyle Group”. The New York Times. October 14, 1994. Retrieved August 21, 2020.
“Philips To Sell Magnavox Electronic Systems”. The New York Times. July 28, 1993. Retrieved August 21, 2020.
“Hughes Aircraft Sets Purchase of Magnavox for $370 Million”. The New York Times. September 12, 1995. Retrieved August 21, 2020.
Pasztor, Andy (August 27, 1997). “Carlyle Beats General Dynamics In Bidding for United Defense”. The Wall Street Journal. Retrieved August 21, 2020.
Gilpin, Kenneth N. (August 27, 1997). “Military Contractor Sold to Buyout Firm”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
“United Defense Industries”. GlobalSecurity.org. July 31, 2005. Retrieved October 22, 2008.
Pratley, Nils (February 15, 2005). “Fahrenheit 9/11 had no effect, says Carlyle chief”. The Guardian.
Alterman, Eric; Green, Mark J. (2004). The Book on Bush: How George W. (Mis)leads America. Penguin. ISBN 978-1-1012-0081-0. Retrieved February 22, 2014. “The extremely influential Carlyle Group has arranged similar gatherings during the previous fourteen years, beneath the radar of most of the mass media, between former politicians like Bush, James Baker, John Major, former World Bank treasurer Afsaneh Masheyekhi, and interested parties looking for some extremely expensive, high-powered lobbying services. On September 11, 2001, the Group happened to be hosting a conference at a Washington hotel. Among the guest of honor: investor Shafiq bin Laden, another brother to Osama.”
Glassman, James K. (June 2006). “Big Deals. David Rubenstein and His Partners Have Made Billions With the Carlyle Group, the World’s Hottest Private Equity Firm. How Have They Made All That Money? Why Are They in Washington?” (PDF). The Washingtonian. Archived from the original (PDF) on September 10, 2008. Retrieved February 22, 2014.
“The Carlyle Group: C for Capitalism”. The Economist. June 26, 2003. Archived from the original on December 12, 2005. Retrieved February 22, 2014. “On the day Osama bin Laden’s men attacked America, Shafiq bin Laden, described as an estranged brother of the terrorist, was at an investment conference in Washington, DC, along with two people who are close to President George Bush: his father, the first President Bush, and James Baker, the former secretary of state who masterminded the legal campaign that secured Dubya’s move to the White House.”
Vulliamy, Ed (May 16, 2002). “Dark heart of the American dream”. The Guardian. Archived from the original on September 17, 2008. Retrieved February 22, 2014. “On 11 September, while Al-Qaeda’s planes slammed into the World Trade Center and the Pentagon, the Carlyle Group hosted a conference at a Washington hotel. Among the guests of honour was a valued investor: Shafiq bin Laden, brother to Osama.”
Chossudovsky, Michel (April 13, 2013). “Is Kissing a “State Sponsor of Terrorism” a “Terrorist Act”? Political Satire”. NSNBC. Archived from the original on May 2, 2013. Retrieved February 22, 2014. “There is nothing wrong, therefore, in socializing and doing business with family members of terror mastermind Osama bin Laden, including the late Salem bin Laden and Shafiq bin Laden of the Carlyle Group.”
“Bin Laden Family Is Tied To U.S. Group”. The Wall Street Journal. September 27, 2001.
Eichenwald, Kurt (October 26, 2001). “Bin Laden Family Liquidates Holdings With Carlyle Group”. The New York Times. Archived from the original on April 21, 2008. Retrieved August 21, 2020.
“Carlyle and Welsh snap up QwestDex”. Private Debt Investor. October 24, 2002. Retrieved April 9, 2018.
Heath, Thomas (June 3, 2011). “Carlyle Group is ready for its close-up”. The Washington Post. ISSN 0190-8286. Retrieved April 9, 2018.
“Qwest to Sell Directories Business for $7 Billion”. Los Angeles Times. August 20, 2002. ISSN 0458-3035. Retrieved April 9, 2018.
“R.H. Donnelley Buys Dex Media”. MediaDailyNews. October 4, 2005. Retrieved April 9, 2018.
Lohr, Steve (November 22, 2002). “Gerstner to Be Chairman of Carlyle Group”. The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved April 9, 2018.
Scannell, Kara; Bulkeley, William M. (November 22, 2002). “IBM’s Gerstner to Join Carlyle As Investment Firm’s Chairman”. The Wall Street Journal. Retrieved August 21, 2020.
“Gerstner to Be Carlyle Group Chairman; Former IBM Chief Brings Long List of Contacts to Private Equity Firm”. The Washington Post. November 22, 2002.
“Executive Profile: Louis V. Gerstner Jr”. Bloomberg.com. Retrieved April 9, 2018.
de la Merced, Michael J. (August 19, 2008). “Leader of the Carlyle Group to Leave Post in September”. The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved April 9, 2018.
Sender, Henny (August 25, 2003). “The Man Behind the Curtain at Carlyle Group”. The Wall Street Journal. Retrieved August 21, 2020.
“Verizon Sells Hawaiian Unit For $1.6 Billion”. The New York Times. May 22, 2004. Retrieved August 21, 2020.
Lattman, Peter (December 2, 2008). “Carlyle’s Bet on Telecom in Hawaii Ends Badly”. The Wall Street Journal. Retrieved August 21, 2020.
Sorkin, Andrew Ross; Hakim, Danny (September 8, 2005). “Ford Said to Be Ready to Pursue a Hertz Sale”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
Peters, Jeremy W. (September 13, 2005). “Ford Completes Sale of Hertz to 3 Firms”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
Mouawad, Jad (August 29, 2006). “Kinder Morgan Agrees to an Improved Buyout Offer Led by Its Chairman”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
Carey, David; Morris, John E. (2010). King of Capital. New York: Crown Publishers. pp. 231–235. ISBN 978-0-3074-5299-3.
Sorkin, Andrew Ross; Flynn, Laurie J. (September 16, 2006). “Blackstone Alliance to Buy Chip Maker for $17.6 Billion”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
Goldsmith, Charles (March 8, 2006). “VNU Shareholders Reject $8.9 Bln Offer From KKR Group (Update2)”. Bloomberg. Archived from the original on January 17, 2009. Retrieved October 16, 2015.
Pfanner, Eric; Timmons, Heather (January 17, 2006). “Buyout Bid For Parent of Nielsen”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
“VNU Agrees To Public Offer From Private Equity Group” (PDF) (Press release). VNU N.V. and Valcon Acquisition B.V. March 8, 2006. Archived from the original (PDF) on November 16, 2008.
McCarty, Dawn (August 25, 2010). “Oriental Trading Co. Files for Bankruptcy in Delaware”. Bloomberg. Retrieved September 28, 2010.
“Portfolio: Forba LLC”. The Carlyle Group. Archived from the original on August 29, 2008.
“GDC Technology Limited | The Carlyle Group”. http://www.carlyle.com.
“Carlyle-led consortium acquires 80% stake in GDC Technology | The Carlyle Group”. http://www.carlyle.com.
“Carlyle, Jack Ma-backed fund invests in China cinemas”. Reuters. October 17, 2011 – via http://www.reuters.com.
“Huayi Brothers to acquire leading stake in GDC Technology – Omdia”. technology.informa.com.
Frater, Patrick (September 17, 2014). “China’s Huayi to Pay $125 Million for D-Cinema Group GDC Technology”.
“China’s Huayi Brothers Buys Controlling Stake in Digital Cinema Tech Group GDC”. The Hollywood Reporter. September 17, 2014.
“Huayi Brothers eyes 79% stake in GDC – Business – Chinadaily.com.cn”. http://www.chinadaily.com.cn.
“Carlyle says finalises buy of France’s Sagemcom from The Gores Group”, Reuters, August 20, 2011
Banerjee, Devin (October 25, 2017). “Carlyle’s Billionaire Founders Hand Reins to New Leaders”. Bloomberg News. Retrieved February 21, 2021.
Gottfried, Miriam (October 27, 2017). “Carlyle’s Next Generation: A Deal Whiz and a Homegrown Quarterback”. Wall Street Journal. Retrieved February 21, 2021.
Grant, Kinsey (October 25, 2017). “Carlyle Group Co-CEOs Rubenstein, Conway Stepping Down”. TheStreet.com. Retrieved February 21, 2021.
“Vigor acquisition and merger completed”. Workboat. October 15, 2019. Retrieved October 15, 2019.
“The Carlyle Group and T&D Holdings Complete Acquisition of Majority Interest in Fortitude Group Holdings from AIG”. BusinessWire. June 2, 2020. Retrieved June 12, 2020.
“The Carlyle Group Partners with management to acquire Unison from Abry Partners”. Private Equity Wire. June 30, 2020. Retrieved July 6, 2020.
Aeppel, Timothy (September 16, 2020). “Carlyle buys disinfecting machine maker stake in COVID-19 bet”. Reuters. Retrieved September 17, 2020.
Wiggi, Kaye; Vandevelde, Mark (July 21, 2020). “Carlyle co-chief Glenn Youngkin to step down”. Financial Times. Retrieved February 21, 2021.
Lewis, Adam (July 21, 2020). “Carlyle co-CEO Glenn Youngkin to retire, leaving reins to Kewsong Lee”. PitchBook. Retrieved February 21, 2021.
Louch, William (July 21, 2020). “Carlyle Co-CEO Glenn Youngkin to Step Down”. Wall Street Journal. Retrieved February 20, 2021.
Field, Matthew (January 22, 2021). “Buyout fund Carlyle to swoop for Cambridge RuneScape studio Jagex”. The Daily Telegraph. Archived from the original on January 12, 2022. Retrieved January 25, 2021.
Taylor, Moline (January 25, 2021). “Runescape is now owned by the world’s second-largest private equity firm”. PC Gamer. Retrieved January 25, 2021.
Hancocks, Simon. “SOLD! Dainese acquired by Carlyle Group for €630 million”. Visordown. Retrieved March 17, 2022.
“Carlyle Agrees to Buy US Government Contractor ManTech for $3.9 Billion”. Bloomberg. May 17, 2022. Retrieved May 17, 2022.
Wilkinson, Sol (November 16, 2022). “Global Investment Firm Carlyle to Acquire International Marketing Agency Incubeta”. PerformanceIN. Retrieved November 16, 2022.
Scannell, Kara (February 2, 2001). “Deals & Deal Makers: Calpers Buys 5% Stake in Carlyle Group For $175 Million, Invests in Some Funds”. The Wall Street Journal. Retrieved August 21, 2020.
Heath, Thomas (September 21, 2007). “Government of Abu Dhabi Buys Stake in Carlyle”. The Washington Post. Archived from the original on October 14, 2008.
Sorkin, Andrew Ross (September 21, 2007). “Carlyle to Sell Stake to a Mideast Government”. The New York Times. Retrieved August 21, 2020.
Kasler, Dale (April 9, 2008). “Bill limiting CalPERS, CalSTRS investments withdrawn”. The Sacramento Bee. Archived from the original on February 15, 2009.
Zuckerman, Gregory; Cowan, Lynn (May 2, 2012). “Carlyle Prices IPO at Lower Range”. The Wall Street Journal. Retrieved August 21, 2020.
“TCG BDC, Inc”. BDC Stocks. Retrieved July 3, 2017.
“TCG BDC, Inc. Prices Public Offering”. The Carlyle Group. June 13, 2017. Retrieved July 3, 2017.
“Carlyle Group Form 10-Q (Quarterly Report) March 2018” (PDF). U.S. Securities and Exchange Commission. Archived from the original (PDF) on May 8, 2018.
Carvalho, Stanley (April 8, 2019). “Carlyle to buy up to $4.8 billion stake in Cepsa from Abu Dhabi’s Mubadala”. Reuters. Retrieved April 8, 2019.
“Carlyle Capital Corporation Intends to File for Compulsory Winding up in Guernsey”. TradingMarkets.com. March 16, 2008. Archived from the original on March 28, 2008.
Stevenson, Reed (March 13, 2008). “Carlyle Capital in default, on brink of collapse”. Reuters.
Heath, Thomas (March 11, 2008). “Carlyle Founders Consider Cash Infusion”. The Washington Post.
Andrews, Edmund L. (March 12, 2008). “Fed Hopes to Ease Strain on Economic Activity”. The New York Times. Archived from the original on December 20, 2013.
“Hedge fund on verge of collapse”. BBC News Online. March 13, 2008.
“The Companies (Guernsey) Laws, 1994 To 1996, As Amended” (PDF). TridentTrust. Archived from the original (PDF) on September 10, 2008.
“Carlyle Capital Corporation Intends To File For Compulsory Winding Up In Guernsey”. Carlyle Capital Corporation Limited. March 16, 2008. Archived from the original on December 25, 2008.
Hall, Jessica (March 14, 2008). “CCC’s Woes Seen as Small Blemish for Carlyle Group”. Reuters.
DeJarnette, Jordan. “Carlyle executives exonerated over collapsed bond fund”. Financial Times.
Moore, Michael. “Factual Back-Up for Fahrenheit 9/11: Section Four”. MichaelMoore.com. Archived from the original on June 27, 2009.

Doward, Jamie (May 23, 2003). "'Ex-presidents club' gets fat on conflict". The Observer. Retrieved August 21, 2020.

Colvin, Geoffrey; Charan, Ram (November 27, 2006). "Private equity, private lives". CNN Money. Archived from the original on April 7, 2013.
"Private Equity Firms". Directory of Private Equity Firms. Archived from the original on July 3, 2015.
Briody, Dan (2003). The Iron Triangle: Inside the Secret World of the Carlyle Group. Hoboken, N.J.: John Wiley & Sons. ISBN 0-471-28108-5.
Golden, Daniel; Bandler, James; Walker, Marcus (September 27, 2001). "Bin Laden Family Could Profit From a Jump In Defense Spending Due to Ties to U.S. Bank". The Wall Street Journal. Archived from the original on September 27, 2001.

外部リンク
 
Wikimedia Commons has media related to The Carlyle Group.

The Carlyle Group (company website)
Mubadala Development Company
Carlyle Group - Mergr Profile
Business data for The Carlyle Group:
    Bloomberg Google Reuters SEC filings Yahoo! 

Portals:
  Companies United States
Last edited 8 days ago by EastThermopolis

ウィキペディア

特に記載のない限り、コンテンツはCC BY-SA 3.0 の下で利用可能です。

プライバシーポリシー
利用規約 』