タイ海軍が導入する潜水艦に中国海軍の保証を要求、断れば契約打ち切り

タイ海軍が導入する潜水艦に中国海軍の保証を要求、断れば契約打ち切り
https://grandfleet.info/indo-pacific-related/submarines-introduced-by-thai-navy-demand-chinese-navy-guarantee/

『タイ海軍のチュンチャイ海軍司令官は「中国海軍がCHD620の品質について保証してくれなければ潜水艦導入の契約を打ち切る」と述べ、S26T型潜水艦を巡る問題は大詰めを迎えている。

参考:Navy prepared to pull out of sub purchase from China

要するにCHD620を搭載したS26T型潜水艦で問題が発生したら中国海軍が責任をもって対応しろという意味だ

タイ海軍は潜水艦部隊を創設するため中国に約10億ドルでS26T型潜水艦(039A型潜水艦の輸出仕様)を3隻発注、1番艦の引き渡しは2024年(当初予定は2023年だったがCOVID-19の影響で1年延期)に予定され建造が進められているのだが、ドイツがディーゼルエンジン(MTU396)の輸出許可を拒否したため行き詰まりを見せている。

出典:Kazec at the English-language

簡単に説明するとEUは1989年の天安門事件を問題視して中国に対する武器の禁輸措置を発表したのだが「対象品目」については加盟国間で解釈が異なり、ドイツは潜水艦に使用されるMTU396の輸出(中国企業によるライセンス生産も許可)を継続、中国側は「タイ向けの潜水艦に搭載されるMTU396についてもドイツ側が輸出を容認するだろう」と判断して事前確認を取らないまま契約を締結してしまったらしい。

しかしドイツはEUの禁輸措置に違反すると指摘(禁輸措置の解釈を歪ませて抜け穴として利用する方法)されたため従来のやり方を改める必要があり、契約後に中国が求めてきたMTU396の輸出許可を拒否、これに慌てた中国はドイツ製MTU396を中国製MWM620(CHD620)に変更させて欲しいと提案したのだが、チャンオチャ首相は「信頼性の劣る中国製MWM620を搭載した潜水艦をタイ海軍は望んでいない、中国が契約に記された仕様の潜水艦を用意できないなら契約を破棄する」と警告。

そのため中国側はMWM620の改良型を再提案、これを受けてタイ海軍は「MWM620を徹底的にテストして問題なければMTU396からの変更を認める」と発表、ただしMTU396と同等の品質を証明できなければ契約を打ち切り「中国側と補償や返金に関する協議を行う」と付け加えたが、チュンチャイ海軍司令官は22日「CHD620(MWM620改良型のこと)がテストの第一段階をパスした」と明かした。

現在、タイ海軍はCHD620のスペアパーツや供給体制について確認をおこなっており、チュンチャイ海軍司令官は「中国海軍がCHD620の品質について保証してくることを要求している。これがなければCHD620の品質を信頼できない」と述べ、もし要求が断られば契約を打ち切ることができるのかという質問に「そうだ」と答えている。

要するにCHD620を搭載したS26T型潜水艦で問題が発生したら中国海軍が責任をもって対応しろ=事実上の政府保証という意味だ。

関連記事:タイ海軍が中国製エンジンをテスト、不合格なら潜水艦契約は打ち切り
関連記事:タイ、潜水艦の仕様が守れないなら契約を破棄すると中国に警告
関連記事:中国、潜水艦部隊を創設するタイ海軍に中古潜水艦2隻の提供を提案

 ※アイキャッチ画像の出典:SteKrueBe / CC BY-SA 3.0 』