オーストリア 露産天然ガス依存から脱却

オーストリア 露産天然ガス依存から脱却
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5389803.html

『オーストリアの担当大臣が、ロシア産ガス供給への依存から脱却に成功したと述べた:“We have taken a big step away from dependence on Russian gas,”

。オーストリアの気候行動を担当する閣僚のレオノーレ・ゲベスラー氏 Energy Minister Leonore Gewessler が2022年11月21日明らかにした。

 ゲベスラー氏によれば、ガス供給に占めるロシア産ガスの割合は2月の79%から9月には21%に減少した。 ゲベスラー氏は、新しい供給国の開拓を行ったエネルギー供給会社や家庭で節電に取り組んだ人々に謝意を示した。 ゲベスラー氏は、本当に自由になれるのはロシア産ガスなしで完全にやっていけるようになったときだとし、そこへ向けて日々全速力で作業していると述べた。

FiFuFuCWAAEoSJQ

当局がツイッターに投稿したグラフ:dropped below 0.4 billion cubic metres (bcm) a weekには、ロシア以外の国からの輸入が増加していることが示されている。

主要な代替のガス供給国はノルウェーとなっている。 ロシアからウクライナを経由してオーストリアに届けられる供給量は以前の約3分の1となった一方、ドイツからの輸入量は過去最高の水準に達しているという。

オーストリアのガスの貯蔵量は能力の95.53%に達した。 欧州の多くの国々が、ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以降、ロシアからの燃料輸入への依存を減らそうと取り組みを進めている。参照記事 英文記事』