ウクライナ、欧米はロシアが信頼できるパートナーに戻れると考えている

ウクライナ、欧米はロシアが信頼できるパートナーに戻れると考えている
https://grandfleet.info/european-region/ukraine-west-think-russia-can-return-to-being-a-reliable-partner/

『ウクライナ大統領府顧問のミハイル・ポドリャク氏は「我々のパートナーはまだ『ロシアが侵攻以前の信頼できるパートナーに戻ることが出来る』と考えているが、ロシアが持ちかける交渉とは意思疎通に見せかけた時間稼ぎに過ぎない」と指摘した。

参考:Negotiating with Moscow would be capitulation: Ukraine presidency
ロシアは必要なだけ我々との議論を引き伸ばして戦いの準備を整えるだけなので、僅かな時間でも戦いを止めることはウクライナの損失を増やすだけだ

AFPの取材に応じたミハイル・ポドリャク氏は「ロシアとの交渉に応じるようウクライナを説得する欧米の試みは奇妙で降伏を求めるに等しいく、我々のパートナーはまだ『ロシアが侵攻前の信頼できるパートナーに戻ることが出来る』と考えているが、ロシアが持ちかける交渉とは意思疎通に見せかけた時間稼ぎに過ぎない」と指摘した。

出典:Mvs.gov.ua / CC BY 4.0

ポドリャク氏は「戦場の主導権を握っているのに『軍事的手段で全てを取り戻すのは困難(ミリー統合参謀本部議長がクリミアを軍事的に取り戻す可能性は直ぐに実現しないと言及)なので交渉に応じなければならない』という説得を受けるのは奇妙で、ロシア側は仲介者を通じて『一時的な停戦の可能性』を提案している」と明かし、ロシアが持ちかける交渉は「戦場での休息」と「新たな攻撃の準備期間」を確保する策略に過ぎないと見ているらしい。

もし交渉に応じれば「ロシアは必要なだけ我々との議論を引き伸ばし、その間に動員された兵士への訓練、不足する武器の生産、前線の陣地を固めるだけで、僅かな時間でも戦いを止めることは我々の損失を増やすだけだ」と主張しており、ロシアが「善意のゼスチャー」と呼ばれるキーウ方面からの撤退を実行したのはトルコでの和平交渉を本気だと思わせるための演出でしかなく「ドンバス解放を目標にした第二段階作戦=戦線縮小と部隊の再編成」のため時間稼ぎだったという評価が一般的だ。

出典:Kremlin.ru/CC BY 4.0

プーチン大統領はトルコでの和平交渉について「我々の提案にキーウ政権は非常に前向きな反応を示していたが、平和的な解決は西側諸国の考えに削ぐわずキーウ政権は合意を破棄するよう命じられた」と述べており、ロシア人相手に譲歩するということは基本的に「つけ込まれ」「利用され」「より多くを要求される」だけなのだろう。

因みにポドリャク氏は冬の間に行われる支援量を増やすよう西側諸国に求めており、まだウクライナには戦車150輌~200輌、装甲車輌300輌、大砲100門、多連装ロケットシステム50輌~70輌、防空システム10基~15基が必要で、現在保有する兵器では手が届かないロシア軍の拠点を叩くためATACMSも必要だと要求している。

関連記事:プーチン大統領、ロシアの解体を企む者との戦いは我々にとって宿命
関連記事:ウクライナ軍、年内にクリミアを解放して春先までに全土を解放する

 ※アイキャッチ画像の出典:President.gov.ua/CC BY 4.0』