地球温暖化問題は排出規制から焦点が適合性に,COP27は移住コストに焦点

地球温暖化問題は排出規制から焦点が適合性に,COP27は移住コストに焦点
http://blog.livedoor.jp/adachihayao/archives/2026431.html

『【日刊 アジアのエネルギー最前線】 地球温暖化問題は排出規制から焦点が適合性に,COP27は移住コストに焦点
http://www.adachihayao.net

2022年11月20日 日曜日 雨

30年前にもなろうか,モルジブの海岸の護岸構築プロジェクトで現地を訪ねた,モルジブの政府高官が言うには,温暖化で住めなくなるので孫子のために隣国のスリランカに土地を買ってあるという,さぞかし高い山の中に買ったのだろう,と言ったら,いや風光明媚な海岸沿いの別荘地だという,

エジプトで開かれているCOP27が大詰めを迎えているが,焦点は,従来のCOPのように温暖化ガスの排出規制ではなくて,専ら排出国から発展途上国への資金援助,正に「加害と補償」の問題に移ってきている,それも海の水位上昇による移住のコストが主題,気候変動は適応性の問題に移った,

従来の我々の主張は,米中印等のガス排出は止まらない,人類は今後の温暖化に適応して生き延びて行くだろう,杉山大志さんの「脱炭素は嘘だらけ」,人類は大丈夫生き延びて行く,の道を辿ることに,その焦点は島嶼国や海岸地帯に国のある人々の移住問題だ,国連はその数字も把握していない,』