2015年にワグネルに加わった男の証言。

2015年にワグネルに加わった男の証言。
https://st2019.site/?p=20635

『「Former Russian mercenary: the truth about the Wagner Group」という記事。

 2015年にワグネルに加わった男の証言。

 プリゴジンには「ドンバスの王」になるという夢がある。それが彼の行動を説明すると。

 しかし男は予言する。この戦争がおわったらプリゴジンはFSBによって始末されるだろう。その時期は、一般の予想よりも早いであろう。

 この男は2016の米選挙向けの世論工作にも加わった。

 こういう仕事の目的は、ロシア好みの米大統領を当選させることよりもむしろ、ロシア国内の大衆に向けて、俺たちはこんなにクールなんだぜ、と自慢することにある。ロシア大衆は、じぶんたちが米国政治の中枢にまで影響を与えていると信じさせられることで、チープなプライドを満足させられ、プーチン政体批判を忘れるようになるのである。

 それで先日プリゴジンも「選挙工作はしたよ」とわざわざあらためて語ったわけ。すべて国内向けなのだ。

 このような世論工作には、何の中味がある実りはないものである。2024にもね。』