ノルドストリーム損傷は破壊工作 スウェーデン検察確認

ノルドストリーム損傷は破壊工作 スウェーデン検察確認
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR18DWL0Y2A111C2000000/

『【ベルリン=南毅郎】ロシアとドイツを結ぶ天然ガスの海底パイプライン「ノルドストリーム」で損傷が生じた問題をめぐり、スウェーデンの検察当局は18日、爆破による破壊工作の痕跡を確認したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。ロシアの関与が疑われるなか、実行犯の特定につながるかどうかが焦点になる。

問題となったのは、バルト海を通るノルドストリームとノルドストリーム2。9月下旬にガス管で計4カ所の破損が見つかり、管内に残っていたガスが海面に漏れ出た。現場はいずれもデンマークとスウェーデンの排他的経済水域(EEZ)とされており、両国に加えてドイツ当局も調査に乗り出していた。

スウェーデンの検察当局によると、パイプラインの損傷現場で爆発物の痕跡を発見したという。具体的な爆発物の中身は明らかになっていない。検察当局は「重大な妨害工作」と判断し、他国とも連携しながら実行犯の特定へ捜査を進める方針だ。

北大西洋条約機構(NATO)は9月の声明で「入手可能なすべての情報は故意かつ無謀、無責任な妨害行為の結果だと示している」との見解を示していた。ロシア側は関与を否定しており、英軍関係者が計画と実行に関与したテロ行為だと一方的に主張するなど反発を繰り返してきた。

【関連記事】

・ロシア国防省、パイプライン爆発に「英国関係者が関与」
・ガス管損傷、米欧はロシア関与断定回避 直接衝突恐れる
・ノルドストリーム停止長期化も 23年から需給逼迫の懸念
・ロシアからのガスパイプライン損傷、「破壊工作」か

ニューズレター https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?n_cid=DSREA_newslettertop 』

https://nkis.nikkei.com/pub_click/174/hlBO_ziHHa92t7F4twELnrGgIe2sos6JBuGW4zUMGqzZ3VEYU6_1YCpBCg4oTrRkH1xFzWyeLLoua4LIq94jY3hthdNGqvhRDslfdBB33x-j9bQtGAvn_27DKxtiwQ0WOZ_XK2L_89394CmF_yDnpALiPV2o4FrZn4ku8pEHIKyvdljBsIImXKsA21iFl7fU2q1MGDh2GcVhTKoGpdinR1rxf_aBJUkB4uemr_kQ0yt1zvUEgsmqXl7P4_tRhCu6TeSHI_PejjeQxYnTcj326CYMlLfy2EP887ThLgBOXD-thWMkAf_3gwAjlpa8Jk3pbLVYvV-59l6BpdYM2aOaopAl1Y_5Md1KekRv2n9PZVDnJV2SPimN7HYKLoUL9AYvg–C61qCLjYI8rqvBTrHSP8m0eB6FoQtw-tVWIeNABVCDhBI7b-n8EAHDnN-pxVPCW-bq8th1SOYPcoFXpUBF6JcMEapqZH_HHZ-ObZ9zw//113417/151712/https://www.nikkei.com/promotion/campaign/line_friend/?n_cid=DSPRM1DP01_2022lineb