9K37(※ ブーク)

9K37(※ ブーク)
https://ja.wikipedia.org/wiki/9K37

『9K37 ブーク(ロシア語: 9К37 «Бук» ヂェーヴィャチ・カー・トリーッツァチ・スィェーミ・ブーク)は、ソビエト連邦で開発された中・低高度防空ミサイル・システムである。

評価の高かった2K12 クープの後継種として計画されたもので、開発はNIIPとヴィーンペルが担当した。愛称はロシア語で「ブナの木」の意味。NATOコードネームでは、SA-11 ガドフライ(Gadfly:牛虻)と呼ばれる。このシステムの輸出型はガーンク(«Ганг» ガーンク、ガンジス川の意)として知られている。 』

『概要

ブーク防空システム(Buk-M1-2)。2010年の軍事展示会での模様。左から、指揮統制車9C470M1-2、輸送車兼用起立式レーダ装備発射機(TELAR)9A310M1-2、輸送起立発射機(TEL)9A39M1-2。これらが相互にリンクし、探索レーダーが敵を探索し、射撃統制レーダーが敵に照準を合わせ、指揮車が照準や発射などを管理し、発射機が実際にミサイルを打ち上げるという防空システムを形成している

本システムは、9M38 ミサイルと、9A310M1自走発射機によって構成されている。

開発

ミサイルは中高度・中射程のセミアクティブ・レーダー誘導方式を採用しており、固体燃料ロケットエンジンを搭載している。

前任の2K12よりTELへの搭載数・射距離・高度・速度・誘導精度・弾頭重量のすべての面において強化されている。また、2K12では1目標しか迎撃できなかったが、9K37では同時に6目標を迎撃可能になった。9K37はジェット機やヘリコプターのような機動力に富む航空機や巡航ミサイルを迎撃するために設計された。

レーダー

9K37は9S18 チューブアームT / 9S18M1 スノードリフト(ロシア語:СОЦ 9C18 «Купол»)監視レーダーと9S470 / 9S470M1 ファイアードームH/I-band追跡迎撃レーダーを組み合わせて使用する。9S18M1監視レーダーは目標の高度・方位・目標からの距離などの情報を収集し、最大85kmの探知距離を持っている、100mの高度で低空飛行をする目標を35kmの範囲内で探知でき、それよりさらに低空飛行をする目標をも10-20kmの範囲内で探知できる。

9S470M1は単パルス式レーダーで、32km範囲以内のミサイル、高度15,000-22,000メートル以内の航空機を追跡でき、最大3基のミサイルを目標まで誘導する能力を持つ。また、9K37システムは結果的に2K12よりかなり強化されたECCM能力(対ECM / ジャミング能力)を持っている。そのほかに、レーザーを利用した光学追跡システムを追加装備することもできるが、標準ではない。

艦船発射型であるSA-N-7は300kmの探知距離を持つMR-750 トップスティーア D/E-band監視レーダーと追跡距離30kmを持つ3R90 フロストドーム H/I-band追跡迎撃レーダーを組み合わせて使用する。

派生型

3K90 M-22 ウラガーン(ロシア語: «Ураган»
「疾風」の意)、NATOコードネーム:SA-N-7、9K37の艦船発射型。輸出型はシュチーリ(ロシア語: «Штиль»:「凪」の意)として知られている。

9K37M1-2 ブークM1-2、NATOコードネーム
SA-17 グリズリー、SA-N-12、9K37の強化型。

使用国

青がBUKの現保有国。赤が旧保有国。

Buk-M1-2。アルメニア陸軍。
9K37 Buk。アゼルバイジャン。

現役

アルジェリアの旗 アルジェリア[1] 48セットのBuk-M2。
アルメニアの旗 アルメニア[2]
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン[3]
ベラルーシの旗 ベラルーシ[4] – 2016年に12セットが配備。

ウクライナの9K37 Buk。キエフ独立記念日パレード(英語版) (2008年)

キプロスの旗 キプロス [5]
エジプトの旗 エジプト – Buk-M1 と Buk-M2 派生型[6]
ジョージア (国)の旗 ジョージア[7]
インドの旗 インド[8]
カザフスタンの旗 カザフスタン – 1セットのBuk-M2Eを2018年に発注し、2021年に到着[9]
イランの旗 イラン
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国[10]
パキスタンの旗 パキスタン[11][12][13]
中華人民共和国の旗 中国[14] – 艦載用にVLS化された派生型HQ-16。これは中国とロシアの合同プロジェクトで、海軍用9K37M1-2'Shtil' (SA-N-12)の改良型

ロシアの旗 ロシア – 440セット以上の9К37と9К317が2016年時点で存在 (内訳は陸軍350、空軍80)[15][16][17][18]。 9К37は新型の9К317 Buk M2に置き換える計画で、2020年時点では70%以上が完了[19][20]。2016年に1個大隊のBuk-M3が配備[要出典]。66セットのBuk-M-1-2と36セットのM2と36セットのM3が2012年~2017年に配備[21]。2017年12月に3個ミサイル旅団が完全にBuk-M3化[要出典]。 2020年の早期に7個旅団分のBuk-M3が発注された[22]。 (参照:List of equipment of the Russian Ground Forces)

シリアの旗 シリア[23] 2011年にロシアから8セットの9К317E Buk-M2Eが到着して陸軍に配備(ストックホルム国際平和研究所の武器移転データベースによる)。さらに10/8[24] Buk-M2Eが防空軍に[25]。さらに20セットのBuk-M1-2[26]。

ウクライナの旗 ウクライナ[27] – 72セットの9K37M1が2016年に存在[28]。手持ちの標準型Buk M1-2 standard planned.[29]
ベネズエラの旗 ベネズエラ (20セット発注).[30]

旧運用者

フィンランドの旗 フィンランド – 1996年からフィンランドはこのミサイルをロシアから(債務と引き替えに)受領して運用していた[31]。電子戦に対する懸念から、フィンランドはこのミサイルをNASAMS 2に置き換えることにした[32][33][34]。フィンランドは依然として配備してはいるが、大部分は貯蔵状態にある。戦時に備えて全機が稼働可能な状態を維持しているとしている[35]。

導入検討

アルゼンチンの旗 アルゼンチン: ロシアはBuk-M2Eの導入をアルゼンチン空軍に対して働きかけている[36]。
キャンセル

ブルガリアの旗 ブルガリア
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
東ドイツの旗 東ドイツ
ハンガリーの旗 ハンガリー 
ポーランドの旗 ポーランド
ルーマニアの旗 ルーマニア

1990年以前、9K37M1E “Gang” はワルシャワ条約機構の構成国への導入が予定されていたが、実現する前に機構が消滅(ソ連崩壊)した[37]。

関連項目

地対空ミサイル
2K12 クープ
マレーシア航空17便撃墜事件 - 2014年7月17日、ウクライナ上空でマレーシア航空のボーイング777型機が9K37によって撃墜された。』