市街戦に特化したイスラエルの対人向け徘徊型爆弾

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:市街戦に特化したイスラエルの対人向け徘徊型爆弾
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5388464.html

『イスラエルのElbit Systemsが市街戦に特化した徘徊型爆弾「LANIUS/ラニアス」のPV:プロモーションビデオを公開、米ディフェンス・メディアは「LANIUSが市街戦に投入されれば敵にとっては悪夢だ」と指摘するほど致命的だ。

Elbit Systemsが発表したLANIUS(最大離陸重量1.25kg)の飛行時間は7分しかないが、レーシングドローンをベースに開発されたためマルチコプタータイプのドローンとしては飛行速度(最大72km/h)が速い部類に属し、複数のセンサーと慣性計測装置を搭載したカメラユニット、SLAMアルゴリズム、NVIDIA Jetson TX2で作動するAI技術で未知の屋内でも効果的に移動でき、遭遇した物体や人間の識別を自動的に処理してオペレーターに提供することが出来るらしい。記録映像

要するにLANIUSはマッピングデータがない未知の屋内を徘徊して敵兵士を探し出し、自爆攻撃を仕掛けるという悪魔のようなドローンで、扉が閉まっている部屋の前で床に着陸して扉が開く瞬間を待ち伏せしたり、オペレーターの介入なしで自律的に攻撃を仕掛けることもでき、PVでは大型の商用ドローンによってLANIUSを空中からばら撒く様子も表現されている。

LANIUSは市街戦や屋内戦を想定した対人向けの徘徊型爆弾だが、敵が立てこもる塹壕や防御陣地の上空でLANIUSをばら撒いても同様の効果が得られるので、将来の拠点制圧は対人向け徘徊型爆弾の大量投入も選択肢に入ってくるのかもしれない。、、

対無人機対策の切り札と目されているマイクロ波兵器についても米空軍は「これだけで無人機の脅威を解消できない」と主張している。参照記事』